Peranan CHŌNAN(長男)Dalam Drama 'Hotman-2' (ホットマン-2) dan 'Brother Beat'(ブラザービート)(melalui Pendekatan Sosiologi Sastra)

Marshelia, Yessyca ( 0642014 ) (2010) Peranan CHŌNAN(長男)Dalam Drama 'Hotman-2' (ホットマン-2) dan 'Brother Beat'(ブラザービート)(melalui Pendekatan Sosiologi Sastra). Other thesis, Universitas Kristen Maranatha.

[img]
Preview
Text
0642014_Abstract_TOC.pdf - Accepted Version

Download (158Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0642014_Appendices.pdf - Accepted Version

Download (310Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0642014_Chapter1.pdf - Accepted Version

Download (103Kb) | Preview
[img] Text
0642014_Chapter2.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (183Kb)
[img] Text
0642014_Chapter3.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (302Kb)
[img]
Preview
Text
0642014_Conclusion.pdf - Accepted Version

Download (52Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0642014_Cover.pdf - Accepted Version

Download (304Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0642014_References.pdf - Accepted Version

Download (27Kb) | Preview

Abstract

要約 序論 「ホットマン-2」および「ブラザービート」というドラマは映画 化された漫画であるが、日本の現代社会における社会生活の中の「家」を 主流のテーマにしている。これらのドラマにおける主人公はそれぞれのあ る家族の長男である。 「家」という日本の家族制度は西洋それと性質を異にしている。 「家」という制度では、家族構成員の連帯が重要で、それに対し西洋のそ れには個人が重んじられるのである。「家」には家長がおり、その家長が いなくなれば、その家の長男がその役を受け継ぐのである。本論分は徳川 時代から受け継がれてきた家制度が今でもまだ続けられているかどうか、 また長男が家族においていかなる役割を果しているか分析してみる。 分析するものとしては、「ホットマン-2」および「ブラザービー ト」に出ている長男(主人公)の家族における姿勢である。 本論 「ホットマン2」における主人公は円造降矢である。彼はある家 のい四人の兄弟 / 姉妹と自分の一人の子を養わなければならない長男であ る。父親の代として、四人の兄弟姉妹を養わなければならないので、彼は 考えが古く、かつ自己中心的は人間である。 当ドラマで見受けられた長男の役割としては次のようなものが挙 げられる 1. エピソード1では円蔵が自分の家族を持っているが、町に ある親の家が差し押さえられたので、彼は兄弟姉妹を守る ため、町を引越したのである。また兄弟姉妹が手伝ってく れなくても、いかなる場合でも彼は、彼らを手伝っている。 これは家長の代りとしての長男が示す態度である。 2. 「姉がいない家」という題のエピソード8では、金を稼ぐ ため、円蔵を手伝おうとする兄弟姉妹たちを円蔵は禁じた のである。これは、長男の責任であると円蔵は感じたから である。これは親から受け継いだ財産を守ろうとする長男 の義務を果す態度である。 一方、「ブラザービート」の主人公は桜井達也である。父親が亡 くなったため、彼は十一才より父親の代りとして、長男としての役割果さ なければならなくなったのである。達也は、家族のためには自分の幸福さ えも犠牲にしている。このドラマでは主人公の達也は、長男の役割を固く 果そうとするので、古い考えのものとして描かれている。 当ドラマで見受けられた長男の役割としては次のようなものが挙 げられる。 1. 「長男の逆玉見合い」という題のエピソード1では、達也 がある女性に好意を持って、彼女と結婚したいが、彼女と 結婚したら、自分は婿養子にならなければならないのであ る。それで、彼は彼女と結婚するのを断念した。自分が婿 養子になったら、長男である自分の役割が果せなくなるか らである。これは、自分の幸福より、家族を重要視する態 度として見ることができる。 2. 「次男のホスト No.1」という題のエピソード2では、次男 の陸がホストとして仕事したとき、達也は、彼に止めるよ うに言ったのである。しかし、陸は、兄の言うことを聞か ないので、家から追い出されたのである。陸がそのような 仕事を続けるとしたら、それは自分自身にも家族にも汚名 を被せることになるからである。家族を守るためなら独裁 的な処置を取ることも否めないという長男の態度を示して いるのである。 結論 ドラマ「ホットマン-2」および「ブラザービート」における長男 の役割を分析してみた結果、次の結論を引き出すことができる。 両ドラマでは、現代社会においても、長男が家長の代りとして役 割を果していることが分かる。これは、徳川時代より始まった家制度が現 代においてもまだ継続されているというよう。

Item Type: Thesis (Other)
Subjects: P Language and Literature > PN Literature (General)
Depositing User: Perpustakaan Maranatha
Date Deposited: 07 Oct 2014 08:37
Last Modified: 07 Oct 2014 08:37
URI: http://repository.maranatha.edu/id/eprint/7225

Actions (login required)

View Item View Item