Interpretasi Makna Simbol Yang Terkandung Dalam Novel 'Yukiguni' Karya Kawabata Yasunari

Andre, Felix ( 0342061 ) (2010) Interpretasi Makna Simbol Yang Terkandung Dalam Novel 'Yukiguni' Karya Kawabata Yasunari. Other thesis, Universitas Kristen Maranatha.

[img]
Preview
Text
0342061_Abstract_TOC.pdf - Accepted Version

Download (258Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0342061_Appendices.pdf - Accepted Version

Download (151Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0342061_Chapter1.pdf - Accepted Version

Download (91Kb) | Preview
[img] Text
0342061_Chapter2.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (111Kb)
[img] Text
0342061_Chapter3.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (303Kb)
[img]
Preview
Text
0342061_Conclusion.pdf - Accepted Version

Download (11Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0342061_Cover.pdf - Accepted Version

Download (92Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0342061_References.pdf - Accepted Version

Download (7Kb) | Preview

Abstract

川端康成「雪国」におけるシンボルの意味分析 序論 この論文は川端康成の「雪国」という小節を分析することである。こ の小説は本州の北の日本の海岸部のある場所を説明することである。この場 所はもし雪が降ると島が雪が積もれている。この小説に、別々の語りを独立 することである。全てが組み合わせて、1947年に公開されて雪国という 小説になる。 雪国という小説は東京の男性と雪国に訪ねていた女性の関係の話しで ある。その男性の名前は島村で、生活はご両親から遺産をもらって、よく仕 事しないので自由に旅行して、山を登って、いろいろな踊りのことを書いて、 外国語の記事を翻訳することである。会った女性が駒子という名前である。 彼女の仕事は、芸者が忙しい時に、芸者の変に芸者のやくわりになる。彼女 は踊りの先生と一緒に住んでいて、そのに先生から芸者のことを教えてもら った。仕事からもらったお金は先生に渡して、先生のむすこの病気の薬を買 うためである。 本小説タイトルやスートリのシンボルを見えることがでる、客観的手 法でこの小説を分析する。この客観的手法で川端康成の「雪国」のシンボル を説明するためのである。 文学というのは作家の創造力と事実上の生活のイメージである。人間 のイメージは現実より高そうであるので、作家はそんなに似てないのである。 このアプローチはその文学にだけ分析して、作家とリーダーを見ないである。 言う変えれば、このアプローチは、文学のテーマやはいけいなどや言語のス タイルを固有の側面を見て,分析をすることである。目的には、Paul Ricoeur の解釈学の理論を知って、「雪国」のシンボルを解釈するためである。解釈 学でテクストにある問題が解釈で答えられる。Paul Ricoeur の解釈学の理論は ミスをさけるためにテクスの意味の全てのテクストを見ている。 データを取得するのために文献研究を使って、文献研究と言うのは本 を読んだり、文化を学んだり、色々な文学を読んだりするである。 本論 この川端康成の「雪国」の中にシンボルがあって、それは小説の形成 のイメージがする。メインキャラクタ一に加て、それ一人分の食器一式もあ る。 小説の主人公は島村と言う男性である。彼はお金持ち、生活費はご両 親から遺産をもらう。東京で生まれて、仕事もしないし、趣味は山を登って、 アートなどを書くことである。生活に歩んでるときに島村は自分のこと分か らなく、自分のことを見つけるためにかれは山を登って、自由にして、好き なことをする。 女性の主人公は駒子さんと言う名前である。彼女が本当に美人な女性 である。最初は駒子は芸者をかわるだけである。たまに彼女は雪国で大きな 宴会場で支援を侙頼される。駒子は芸者をなり方を教える先生と住んでいる。 先生にお礼をしるために、駒子は病気な先生のむすこお金をあげる。本小説 に駒子は責任を負うのシンボルである。 この小説の場所の設定は積雪地域である、[雪国]という場所です。 その場所は本州の北にあって、日本のいついつも雪がたくさんある。この場 所がきれいな風景、小さな山々があって美しい自然の美しさ場所である。竹 の森もある。雪国と言うのは自由なシンボルを説明して、この場所にいる 人々は自由にして自分を表現することである。 結論 この川端康成の雪国という小説は、あそこ固有の要素にいくつかのシ ンボルが出る。 だいたい出るシンボルは東京人、きれいな場所、日本の自然をイメ一 ジをする。島村さんのシンボルはだいたい東京人はア一トが好きのシンボル を表している。駒子さんは美人な芸者のイメージを表しているシンボルであ る。雪国という場所はそれは本州の日本の海岸ほんとうにきれい場所をシン ボルをする。雪国と言う場所は自由のシンボルを表わして、あそこに住んで いる人々自由にして生活を表現が出来る。

Item Type: Thesis (Other)
Subjects: P Language and Literature > PN Literature (General)
Depositing User: Perpustakaan Maranatha
Date Deposited: 15 Oct 2014 11:22
Last Modified: 15 Oct 2014 11:22
URI: http://repository.maranatha.edu/id/eprint/7586

Actions (login required)

View Item View Item