Analisis Penggunaan とき/ 時 (TOKI) dan 場合 (BAAI)Dalam Kalimat Bahasa Jepang (Kajian Sintaksis dan Semantik)

Sani, Aulia Fadhilah ( 1042014 ) (2015) Analisis Penggunaan とき/ 時 (TOKI) dan 場合 (BAAI)Dalam Kalimat Bahasa Jepang (Kajian Sintaksis dan Semantik). Undergraduate thesis, Universitas Kristen Maranatha.

[img]
Preview
Text
1042014_Abstract_TOC.pdf - Accepted Version

Download (219Kb) | Preview
[img] Text
1042014_Appendices.pdf - Accepted Version
Restricted to Registered users only

Download (541Kb)
[img]
Preview
Text
1042014_Chapter1.pdf - Accepted Version

Download (206Kb) | Preview
[img] Text
1042014_Chapter2.pdf - Accepted Version
Restricted to Registered users only

Download (191Kb)
[img] Text
1042014_Chapter3.pdf - Accepted Version
Restricted to Registered users only

Download (549Kb)
[img]
Preview
Text
1042014_Conclusion.pdf - Accepted Version

Download (54Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
1042014_Cover.pdf - Accepted Version

Download (441Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
1042014_References.pdf - Accepted Version

Download (32Kb) | Preview

Abstract

日本語の「時」と「場合」の予報分析 1. 序論 時と場合は日本語の名詞である。時と場合は形式名詞に含まれ る。時と場合は相違があるので、日本語で時と場合の使い方を記述し て、時と場合の意味を説明する。 時と場合の違いは佐川 (2002:488) の理論を使用する: ‘次のように、話し手個人的な経験に基づく具体的な時間関係を表す文 には「場合」は使えない。’ 例: 1. 私が行った時には会議は始まっていた。「正」 2. 私が行った場合には会議は始まっていた。「誤」 (佐川, 2002:488) 時の意味は仁田 (2011 : 171) によると、‘「とき」「ときに」 「ときには」は、主節の事態が成立する時を同時点的に表すが、時間 的前後関係から見ると、主節に事態の成立する時間は従属節の事態の 成立する時間の直前、同時、直後のいずれかの時間を表す。’ 場合のいみは仁田(2011 : 171) によると、‘「場合」はその名詞と しての意味が表すとおり「ある時、状況、場面」という形で報道や掲 示などの客観的に述べられる文書においては条件文と近い意味を表す ことがある。’ 2. 本論 時と場合は名詞、動詞、形容詞、形容動詞、代名詞についてい る。時と場合は互いに変わることができるかを文析する。 2.1 とき/ 時 2.2.1 動詞+時 1. バッグはこの返事を聞いた時、てれたように頭をかいていました。 (AKTG, 2005:39) ときが「~た」形についている。ときは「接続詞」として、「時 間」を示す。ときは「返事を聞いたとき」を表す。ときは文法的に「時 間」という意味を表す。 1*. バッグはこの返事を聞いた場合、てれたように頭をかいていまし た。 その文は場合と変わられないので、その文は「時間」という意 味である。場合を使えば、その文は状態という意味。 2.1.2 名詞+とき 2. 予約のときも、ひとりと申し込んでいる。 (AK, 1954:8) ときは「予約」についている。ときは「状況語」にとして、 「時間」を示す。ときは「予約のとき」を表す。ときは文法的に「時 間」という意味を表す。 2’. 予約の場合も、ひとりと申し込んでいる。 その文の意味は、「状態」があるので、場合と変えられる。場 合を使えば、その文の意味は予約に「状態、場面」を示す。 2.1.3 形容詞+とき 3. しかし、市場開発とは景気のよいときにすべきものだ。 (HNS, 1962:123) ときは形容詞についている。ときは状況語にとして、「時間」 を表す。ときは「景気のよいとき」を表す。ときは文法的に「時間」と いう意味を表す。 3’. しかし、市場開発とは景気のよい場合にすべきものだ。 その文の意味は「状態」がるので、場合と変えられる。場合と 使えば、景気のよい場合のいみはまだ起こるという意味である。 2.1.4 形容動詞+とき 4. しずかなときは、、兎虎をよんでいます。 (MST, @mei_tb) ときは形容動詞についている。ときは「状況語」にとして、 「時間」を示す。その文の意味は「しずかなとき」表す。ときは文法 的に「時間」という意味を表す。 4’. *しずかな場合は、、兎虎をよんでいます。 その文は活動の文ので、場合と変えられない。場合は状態を示 す。 2.1.5 指示詞+とき 5. ところが、阿部は帰宅していなかった。このとき近くの喫茶てん の暗い片隅でコーヒーを飲んでいたのである。 (HNS, 1962:15) ときは指示詞「この」についている。状況語にとして、「時間」 を示す。文法的意味に「時間」という意味である。 5’. ところが、阿部は帰宅していなかった。この場合近くの喫茶てんの 暗い片隅でコーヒーを飲んでいたのである。 その文は状態があるので、場合と変えられる。意味は阿部はそ の状態にすいてコーヒーを飲んでいたのである。 2.2 場合 2.2.1 動詞+場合 6. 女のほうが男に夢中になった場合には、大いにあり得ることだった。 (AK, 1954:180) 場合は「なった」についている。場合は述語にとして、その文 は女は男に夢中になったの状態なので、場合は文法的意味である。 6’. 女のほうが男に夢中になったときには、大いにあり得ることだった。 その文は状態と時間の意味があるので、時と変えられる。 2.2.2 名詞+場合 7. 夕月堂のお嬢さんの場合は、磯部にとって二度目の恋なんです。 (AK, 1954:118) 場合は主語にとしてなので、「お嬢さん」についている。その 文は夕月堂のお嬢さんの場面なので、場合は文法的意味である。 7’. 夕月堂のお嬢さんのときは、磯部にとって二度目の恋なんです。 その文はときと変えられないので、ときは「じかん」を示す。 その文は誰の状態を示す。 2.2.3 形容詞+場合 8. 寒い。何着たらいいん4 月にこんな寒い場合。雨ですし。カルさ んを真似たあのスタイルはちょっと冬すぎますか? (MST, @pooko_) 場合は形容詞の「寒い」についている。場合は述語にとして、 寒く感じた状態を示す。 8’. 寒い。何着たらいいん 4 月にこんな寒いとき。雨ですし。カルさ んを真似たあのスタイルはちょっと冬すぎますか? その文は「時間」の関係があるので、時と変えられる。 2.2.4 形容動詞+場合 9. きききらいな場合はどうしたらいいでしょぉ (MST, @hono1013) 場合は形容動詞の「きらい」についている。場合は主語にとし て、何をきらいな状態を示す。 9’. きききらいなときはどうしたらいいでしょぉ その文は「時間」の関係があるので、時と変えられる。 2.2.5 指示詞+場合 10. 弟がトイレで熱唱してて眠りにつけない。そんな場合俺は何をす ればいいのか。ラインで愚痴送るくらいしか出来ない。 (MST, @tsubasa19950728) 場合は指示詞の「そんな」についている。主語として、意味は 文法的意味である。 10’. 弟がトイレで熱唱してて眠りにつけない。そんなとき俺は何をす ればいいのか。ラインで愚痴送るくらいしか出来ない。 その文は時と変えられるので、文は「時間」の意味がある。場 合は状態を示して、ときは時間を示す。 3. 結論 1. 「とき」は時間または活動を含むの中で使用される。経験を伝え るときも「とき」を使う。「場合」は場面、状態を含むの中で使 用される。 2. 日本語の文で「とき」は時間を示す。しかし、「場合」は場面、状 態を示す。「とき」と「場合」は文と文をつなぐ。「とき」と「場 合」は文法的を持つ。 3. 「とき」は「場合」時間の意味を持つならば、「とき」は「ばあい」 に入れ代わることができる。「場合」は「とき」に場面、状態の 意味を持つならば、「場合」は「とき」に入れ代わることができる。

Item Type: Thesis (Undergraduate)
Subjects: P Language and Literature > PI Oriental languages and literatures
Divisions: Faculty of Letters > 42 Japanese Department
Depositing User: Perpustakaan Maranatha
Date Deposited: 16 Jun 2015 11:07
Last Modified: 16 Jun 2015 11:07
URI: http://repository.maranatha.edu/id/eprint/13199

Actions (login required)

View Item View Item