Imaji YŌKAI Dalam Serial Animasi Jepang 'Nurarihyon No Mago'

David, Lidya Florensia ( 0842015 ) (2012) Imaji YŌKAI Dalam Serial Animasi Jepang 'Nurarihyon No Mago'. Other thesis, Universitas Kristen Maranatha.

[img]
Preview
Text
0842015_Abstract_TOC.pdf - Accepted Version

Download (887Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0842015_Chapter1.pdf - Accepted Version

Download (654Kb) | Preview
[img] Text
0842015_Chapter2.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (1145Kb)
[img] Text
0842015_Chapter3.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (1778Kb)
[img]
Preview
Text
0842015_Conclusion.pdf - Accepted Version

Download (500Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0842015_Cover.pdf - Accepted Version

Download (939Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0842015_References.pdf - Accepted Version

Download (450Kb) | Preview

Abstract

梗概 序論 筆者はこの論文で「ぬらりひょんの孫」というアニメを通して妖怪 に関する姿を分析する。まんが「ぬらりひょんの孫」はしばしいひろしが 2007年に作られた。2010年に「ぬらりひょんの孫」のアニメは日 本で放送する。このアニメは水木しげるの人気があるアニメ「ゲゲゲの鬼 太郎」という同じ妖怪のテーマが設定を使われた。 妖怪と言うのは、日本の不思議な現象をそのように呼称したもので ある。今でも妖怪を信じる日本人が多い。妖怪は神と異なる存在である。 神は神聖な崇拝をされる存在で、一方夜に出て人間に恐怖を与える存在が 妖怪である。 論文でアニメ「ぬらりひょんの孫」で妖怪のキャラクターを分析する。 アニメ「ぬらりひょんの孫」によれば妖怪の身体、特性と焼く割を説明し、日 本人にとっての妖怪に対する考え方を理解する。 この分析はロランド.バーテスの神話的アプローチ理論を使う。バ ーテスによれば神話は言外の意味を定義する。神話は信者が実際にこの世 に起こった物事を象徴的に表すものである。そのため、神話は現実の物に なるという考え方である。 妖怪は人間に害をあたえ人間を殺すばかりではない。日本人は妖怪 がいいこともすると信じている。日本の伝説によれば、妖怪は人間を助け る時もある。そのため、妖怪は善悪の区別がない存在とされる。 本論 水木しげるの妖怪大百鬼の本によれば妖怪は四範疇に分類できる。 それは超自然、幽霊、怪獣と変化です。超自然は謎につつまれた不思議な 現象の事である。幽霊は人間の怨霊がこの世に現われた物で、怪獣は不思 議な魔力を持った動物の妖怪である。そして、変化は百歳になった化け物 をさず。 アニメ「ぬらリひょんの孫」では、妖怪のキャラクターは全ての妖 怪の分類がある。それは妖怪は色々な役と身体の記述と独特の個性がある。 また、妖怪のキャラクターは「畏れ」と言う不思議な力が持っている。「畏 れ」は奴良組の象徴で、人間から畏れを集めると妖怪が強くなると言う意 味である。バテスの神話の学説に沿って妖怪のキャラクターを説明する。 超自然を代表するキャラクターはぬらりひょんと奴良リクオ、そし て雪女、河童、カラス天狗と三羽烏である。幽霊を代表するキャラクター は青田坊と黒田坊と毛女郎と首無である。怪獣を代表するキャラクターは 鴆と化け猫である。最後に、変化を代表するキャラクターは納豆小僧であ る。 ぬらりひょんはリクオの祖父奴良組の先頭で「百鬼夜行」の総大将で ある。ぬらりひょんの姿は伝説の様に頭が長くはげた妖怪である。百鬼夜 行の物語によれば、ぬらりひょんは妖怪の最前線を行進する。ぬらりひょ んはリクオの人間の友達対くても明るくて親切である。 奴良リクオはぬらりひょんの孫で奴良組の三代目総大将である。一 見、普通の男の子だが、妖怪変化することができる。リクオは妖怪の血が 四分の一を流れているが、夜の間しかその姿を保てない。普通の人間とし て生きたいが、三代目の跡目を期待されている。 ぬらりひょんと奴良リクオの「畏れ」の力を「明鏡止水」と呼ぶ。 戦い時に、この力を出せば相手は畏れによって体が動かせない。リクオの 「明鏡止水、桜」は硬の体を焼くことができる力である。 雪女は、伝説の雪女と違い、明るくかわいい妖怪である。彼女はリ クオの世話係である。雪女はリクオを「若」と呼ぶ。雪女はリクオを守るた め、人間の姿で同じ学校に通っている。人間の時の名前は及川氷麗と言う。 雪女の「畏れ」は「呪いの吹雪」と言う。この力で硬を凍えさせる。 河童は無口の妖怪だが大きな力を持っている。河童は自分の頭に水 をやることがとても大好きである。また、河童は忍者の格好をしている。 カラス天狗と三羽烏は奴良組の使者で強い妖怪である。三羽烏の一 員はカラス天狗の子で、名前は黒丸、サカ丸とささ実と呼ばれている。カ ラス天狗は小さな烏のようだが、三羽烏は大きな体や人間の素顔が持って いる。 ぬらりひょん、雪女、河童、カラス天狗と三羽烏は全部超自然のキ ャラクターである。 青田坊は怪力で破格僧であり奴良組の妖怪でリクオの世話係である。 普段は人間の世話をするために合わせて力を抑えているが、頭蓋骨の数珠 飾りをはずすと本来の怪力を発揮する。リクオの護衛のため、人間の「倉 田」として学校に通っている。 黒田坊は奴良組の妖怪で「暗殺破壊僧」の異名を持つ。常に鈴場杖 に持って、青田坊と奴良組の特攻隊長の座の争っている。黒い法衣の下か ら「暗器黒演舞」を繰り出す。 毛女郎はきれいなお姉さんの姿が持っている優しくて大人っぽいの 妖怪である。毛女郎は料理を作って家を掃除をすることが上手である。毛 女郎の「畏」の力は「乱れ髪遊び女の舞い」と言う。 首無はその名前を通り首がなく、頭が胴体を離れ、宙に浮かせる。 一度絡みついたら離れない糸を巻きつけて攻撃する。人間問わず女性に優 しいイケメンだが、酒には弱い。 青田坊、黒田坊、毛女郎、と首無は妖怪の分類によればぜんぶ幽霊 のキャラクターである。 鴆は奴良組系であり頭領薬や毒薬を司る鳥妖怪。鴆は妖怪の分類に よれば怪獣である。幼い頃リクオの面倒をよく見ていた。自らの羽を猛毒 を持つという特性のため、鴆の一族は代々体が大変弱いという宿命を背負 っている。 このアニメの化け猫は人間の姿が持っているが、頭に猫耳がある。 化け猫も怪獣である。その化け猫の隊長は良太猫と言う名前である。良太 猫は妖怪に「化け猫屋」の飲食店を所有している。畏の力が弱いが、良太猫 は派のために決断力がある。 納豆小僧は小さぬら組の変化妖怪である。ぬらりひょんと一緒にい ぬがみ狸を探す時、ただの豆狸に見える。納豆小僧は特別の力が持ってい ないが、自分の香りで敵を弱体化できる。 結論 アニメ「ぬらりひょんの孫」のキャラクターはバーテスの神話の学説によれ ば妖怪の階層制度は軍隊に似ているが、伝説によればその階層がない。そ して妖怪は善悪の区別がない存在とされる。妖怪は人間の個性に似ている こと。そのため、今でも妖怪を信じる人が多い。

Item Type: Thesis (Other)
Subjects: P Language and Literature > PN Literature (General)
Depositing User: Perpustakaan Maranatha
Date Deposited: 02 Oct 2014 10:45
Last Modified: 02 Oct 2014 10:45
URI: http://repository.maranatha.edu/id/eprint/7083

Actions (login required)

View Item View Item