Yu 勇, Rei 礼, Chuugi 忠義 Pada Bushido Dalam Film 'Letter From Iwo Jima'

Simanjuntak, Alex ( 0342070 ) (2010) Yu 勇, Rei 礼, Chuugi 忠義 Pada Bushido Dalam Film 'Letter From Iwo Jima'. Other thesis, Universitas Kristen Maranatha.

[img]
Preview
Text
0342070_Abstract_TOC.pdf - Accepted Version

Download (229Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0342070_Chapter1.pdf - Accepted Version

Download (134Kb) | Preview
[img] Text
0342070_Chapter2.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (222Kb)
[img] Text
0342070_Chapter3.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (287Kb)
[img]
Preview
Text
0342070_Conclusion.pdf - Accepted Version

Download (12Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0342070_Cover.pdf - Accepted Version

Download (97Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0342070_References.pdf - Accepted Version

Download (8Kb) | Preview

Abstract

「硫黄島からの手紙」という映画においての武士道の「勇」、「礼」と「忠 義」 序論 日本は長い軍事歴史を持つ東アジアにある国の一つである。それはアジ アにある幾つかの国の侵略より、広島及び長崎が連合国により原爆投下される 原因となった連合第2 次世界大戦までである。この研究において分析される 『硫黄島からの手紙』という映画は第2 次世界大戦を設定にした。そのときに おいてアメリカは日本に侵入しやすいため、日本にある大事な島々を侵略する 方法で日本を侵入した。その戦争において、栗林忠道に指揮される日本側は何 千の兵を持ち、その中でも軍隊義務に参加している一般人もいる。その一般人 は、比較的に少ない兵であっても、彼らは激しい抵抗を行うことができた。こ のことは、硫黄島を守る強い意気を持つためであり、その意気は「武士道」と 言われる。この映画において、国に対しての敬意として「武士道」また「武 士」の精神がある。ある勇ましい武士にとって、戦争に退却することは最も恥 ずかしいことであり、死ぬほうがましである。 本論 「武士道」または「侍の道」というのは日本の性質であり、日本社会の 考え、感情及びの毎日の生き方に影響を与える武士の精神であり、また「武 士」の階級が従う道徳の原則である。「武士道」も宗教の教えの代わり及び日 本人の道徳や倫理の基準となる。そのため、この「武士道」という価値観は今でも日本人の心に強くくっつくことも当たり前のことである。歴史から見ると、 「武士道」の価値観は封建時代により出現し、発達し始めた。この封建時代に は、社会階層化あるいは社会においての差別が厳しく行われており、「武士」 あるいは「侍」がその階層制度において最も高い階層にある。武士の階層は以 下のほかの階層に尊敬され、恐れられ、鎖国政策を行う徳川時代により尊敬さ れ、恐れられていた。 侍が約250 年間にわたって尊敬される階層である。そのため、侍の価値 観によって日本社会がきずかれた。鎖国政策が終わり、日本はアメリカのペ リーによって開国させられても(明治維新が行われた)、この価値観はかわら ないこと。 「勇」は「勇ましい侍」の意味であり、敬意のために自殺しても、死ぬ ことも恐れないという意味を持つ。 「勇気」の精神的の価値は忍耐及び純粋で大人しい心により証明される。 その大人しさは安全の気持ちを生み出す勇ましい行動を起こす。武士道の思想 では「勇」は死ぬことに恐れないだけではなく、より深い意味を持つ。従って、 死は恐ろしいものではなく、立派に人生を終わらせるための勇気に基づく誇り である。 「礼」は敬意をあらわすと共に人生を献呈することである。武士道倫理 の規則の一つである。 「礼」は間接的に威信及び名誉に対しての意識であり、敬意を高くする ことと共に侍の性質を表すことである。そのうえ、この「礼」も愛国心及び忠 実を高くするものである。武士道は非常に忠実を高くする。武士道の考えでは 戦争で、国のために死ぬことは誇り高いものである。それに、就職においての 義務及び権利を尊敬するためである。 「忠義」は忠実の倫理である。従って、「忠義」は人の心の広さである。 武士道の「忠義」にもとづき、人生は主人に仕える。理想的には敬意の ためである。封建の道徳はほかの倫理制度及びほかの社会階層と違う考え方が、 主人に対しての尊敬及び従順はその特徴である。個人的の「忠義」は道徳的自 我である。これは「忠義」が最も大事なものと思われることである。 この映画では擂鉢山にいる日本軍は負けた。それに、アメリカ軍に囲ま れていた。しかし、栗林中将によって考えられた作戦のおかげで、日本軍は硫 黄島の山の中の洞窟を利用し、その洞窟に隠れることができるが、何人かの兵 隊の中で討論及び恐慌が起きた。それは、兵隊たちはどんな行動をするべきか と困ったことである。擂鉢山の指揮官である足立大佐が玉砕の許可を求めるた めに栗林中将を連絡するときその恐慌が続いていた。足立大佐は玉砕すること が敬意であり、最後の手段と思っていた。しかし、栗林中将は北の洞窟にいる 部隊を援護するほうが役に立つと思うため、足立大佐が許可をもらえなかった。 しかし、足立大佐は自爆することを選んだ。この足立大佐及び擂鉢山の兵が 行った行動は「忠義」及び「勇」を表す。彼は国に対する忠実のために上司を 従わなかった。 西中佐は軍人であっても、もとは競馬の選手であった。オリンピックで 金メダルを受けた日本の競馬選手であった。彼は栗林中将に頼まれ、硫黄島の 戦いに参加することにし、大好きな馬を連れ、硫黄島に行った。西中佐が指揮 する部隊が追い詰められ、西中佐アメリカ軍の攻撃により爆弾の散弾に当てら れ、目が見えなくなった。西中佐も捕まれた連合軍の兵の一人を救ったことが ある。彼はその兵士を殺さず、逆にその兵士を治療し、その兵士に話しかけた。 このことによって西中佐の「勇」が表された。愛する国に対する忠実及 び敬意は高い勇気に基づくものである。国のため、命を失うことは恐ろしいも のではない。 第2 次世界大戦の時に生きていた栗林忠道(1891 年7 月7 日―1945 年3 月23 日)はにおいての日本軍の高等兵である。硫黄島の戦いにおいての成就 に有名な中将である。彼に小さい島を守る責任を与えたのは東条英機であった。 この戦で彼は空軍及び海軍の援護をもらわず、約2 万の兵を指揮し、10 万のア メリカ軍と戦っていた。栗林中将はこの絶体絶命になる戦いに向かい2 件のこ とを推測した。それは、硫黄島は必ずアメリカ軍のものとなること及び彼も全 ての部下もその戦いに死亡することである。しかし、彼は必死にその島を守り、 アメリカ軍が硫黄島を侵略することに大損をするために戦っていた。栗林忠道 中将は日本軍がアメリカ軍には敗北してから、つい自殺してしまった。栗林中 将が表した「勇」というなら、すばらしいと考えてしまう。彼は空軍及び海軍 の援護がなく日本軍を指揮、任数が5 倍で良い装備を持つアメリカ軍を戦うことに怯えていなかったことは素晴らしいものである。また、「礼」のために自 殺することも素晴らしいである。 結論 「硫黄島からの手紙」という映画に描写される武士道の「勇」はただの 勇気ではなく、敵と戦う勇気でもない。しかし、それは威信及び名誉を賭ける 勇気である。 ある人にとって武士道の精神を持つことは「礼」を非常に高く思うこと である。「礼」は非常に崇高なものだと思われる。従って、「礼」を高く思う 者は「礼」のために死ぬことを恐れない。 「忠義」はある武士にとって主人あるいは国に対する忠実である。彼ら が従う「忠義」は死ぬまでの忠実である。主人に対しての「忠義」は最も大事 なものであり、命をかけても、自分の大事なものより大事なものである。

Item Type: Thesis (Other)
Subjects: P Language and Literature > PN Literature (General)
Depositing User: Perpustakaan Maranatha
Date Deposited: 16 Oct 2014 10:24
Last Modified: 16 Oct 2014 10:24
URI: http://repository.maranatha.edu/id/eprint/7630

Actions (login required)

View Item View Item