Pandangan Masyarakat Jepang Terhadap Mitos Boneka Daruma Sebagai Pembawa Keberuntungan

Lestari, Oktaviani Yesi ( 0842020 ) (2015) Pandangan Masyarakat Jepang Terhadap Mitos Boneka Daruma Sebagai Pembawa Keberuntungan. Undergraduate thesis, Universitas Kristen Maranatha.

[img]
Preview
Text
0842020_Abstract_TOC.pdf - Accepted Version

Download (264Kb) | Preview
[img] Text
0842020_Appendices.pdf - Accepted Version
Restricted to Registered users only

Download (160Kb)
[img]
Preview
Text
0842020_Chapter1.pdf - Accepted Version

Download (73Kb) | Preview
[img] Text
0842020_Chapter2.pdf - Accepted Version
Restricted to Registered users only

Download (233Kb)
[img] Text
0842020_Chapter3.pdf - Accepted Version
Restricted to Registered users only

Download (936Kb)
[img]
Preview
Text
0842020_Conclusion.pdf - Accepted Version

Download (9Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0842020_Cover.pdf - Accepted Version

Download (847Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0842020_CV.pdf - Accepted Version

Download (46Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0842020_References.pdf - Accepted Version

Download (69Kb) | Preview

Abstract

概略 人形は人間の文化から生まれた美術品の形の一つである。達磨人 形は日本社会で作られた美術品である人形の一つである。その上、日本社 会のほとんどの人により幸運のお守りとして信じられている為、日本社会 の文化の形になったものである。紙のパルプからできている達磨人形は、 悟りを得る為に、9 年の黙想をして、目、足と腕をなくした禅宗の仏教僧 のイメージを形にしたものである。その為、達磨人形は腕、足と目は無い 状態で作られている。その他に、底面も重くされているので、倒されても 元の状態に戻って倒れることはない。 達磨は賢明な存在として日本社会で知られている。歴史によると、 達磨は紀元前5 世紀若しくは紀元前6.世紀ごろにインドから日本へ渡来し た。日本社会では、達磨人形についての話は「達磨を霊体の神、交差の神、 伝染病の霊、肥沃の霊等と関係があるという神話的と迷信的な要素を含ま れている。時間が流れると共に、達磨の伝説は日本でも広まった。 16 世紀では紙のパルプで作られたこの人形は、子供を天然痘から 守る為のお守りとして思われていた為、日本の社会で流行になった。18 世紀から、天然痘のワクチンが日本に紹介された明治時代(1868 年~ 1912 年)でも、真紅の色をする達磨人形は未だ日本社会に流行のままで あった。日本の社会は達磨人形を事業、政治、結婚とその他の事業の成功 と幸運のお守りとして思っていた。達磨人形もお正月の時の、全国的に伝 統的なお守りだという説もある。 時間が流れると共に、達磨人形は日本の社会によりもっと好まれ ていき、ある記事の中で、そのことは未だ続いていると記載されていた。 その上、毎年の 1 月の 6 日と 7 日で、約 40 万人の幸運を探している人々 は高崎にある寺で達磨人形を買いに行き、また、達磨人形は目が塗られて いない状態(目が空いている若しくは目の絵が無い)で売られている。購 入者が自分の手で達磨の人形の目を一つ、一つ塗ることができる様に、わ ざと空けている。 その後、筆者が何人かの回答者(日本人)への回答をした結果、 どれくらいの日本人が未だ達磨人形が幸運をもたらすものとして信じてい ること、どれくらいの日本人がもう達磨人形が幸運をもたらすものとして 信じないことを知ることができた。 回答者(日本人)に提供されたいくつかの質問はいくつかの話題 に分けられている。第1の話題は達磨人形とその神話についての日本人の 認識についてである。第2の話題は幸運をもたらす象徴の達磨人形につい て話している。第3の話題は達磨人形が幸運をもたらすものとして信じて いる日本社会について話している。 第1の話題は達磨人形とその神話と現在の日本社会について話し ている。「達磨人形を知っていますか?」という質問に対して、回答を挙 げた何人かの回答者は全員、達磨人形を知っていると回答した。次に、 「達磨人形の神話を知っていますか?」という質問を聞いたとき、ほとん どの回答者は達磨人形の神話を知らないと回答した。しかし、回答者の中 で達磨人形の神話を知っている回答者もいる。ここで知ることできるのは、 全ての回答者(日本人)は達磨人形を知っているが、その達磨人形の神話 を知っているのは全ての回答者ではありない。 第2の話題は幸運をもたらす象徴である達磨人形についてである。 そのことに関わって、筆者が挙げた質問である「あなたにとって達磨人形 は幸運の象徴ですか?」、「どの様なの時に、達磨人形を買いますか?」 と「ある願いがある時に、達磨人形を買いますか?」という質問に対して、 回答した回答者がいた。その質問から筆者は達磨人形を幸運の象徴として 思わない回答者の比率が多くても、達磨人形が幸運の象徴として思われる 回答者(日本社会)は未だいるという答えを得た。 第 3 の話題は達磨人形が幸運をもたらすものとして信じている日 本社会について話している。何人かの回答者がくれた回答のなかから知る ことができるのは、日本社会にとって達磨の人形が幸運をもたらすことが できることは科学的の理由がないし、迷信であることなので、ほとんどの 回答者は達磨の人形が幸運をもたらすものであることを信じていない。し かし、達磨の人形は幸運をもたらすことができると信じている何人かの回 答者(日本社会)にとって、達磨人形を持ったり、達磨人形に希望を掛け たり、依頼を作ったりすることで幸運か成功が来ることを信じているから である。 上記に書いてある達磨の人形についての話題から、全体の結論を得 られた。回答者(日本社会)に対する研究の結果として、達磨人形は幸運 をもたらすものであることを信じない回答者(日本社会)が現在多いのは、 その信仰は迷信で、科学的な理由がないだと思ったからである。しかし、 達磨人形が幸運をもたらすものだと信じている回答者(日本社会)は何人 かいる。なぜなら、彼等は自分の文化にある歴史と神話の存在を知ってい て、認めている上、達磨人形に関することも信じていて、確信している。

Item Type: Thesis (Undergraduate)
Subjects: P Language and Literature > PI Oriental languages and literatures
Divisions: Faculty of Letters > 42 Japanese Department
Depositing User: Perpustakaan Maranatha
Date Deposited: 10 Apr 2015 09:41
Last Modified: 10 Apr 2015 09:41
URI: http://repository.maranatha.edu/id/eprint/11721

Actions (login required)

View Item View Item