Kepercayaan Masyarakat Jepang Terhadap Mitos Maneki Neko (Pendekatan Etik dan Emik)'Maneki Neko No Shinwa Ni Taisuru Nihon Shakai No shinkou (Echiketto Teki De Iimikku Teki Apurokchi)

Marcella, Marissa ( 0742006 ) (2015) Kepercayaan Masyarakat Jepang Terhadap Mitos Maneki Neko (Pendekatan Etik dan Emik)'Maneki Neko No Shinwa Ni Taisuru Nihon Shakai No shinkou (Echiketto Teki De Iimikku Teki Apurokchi). Undergraduate thesis, Universitas Kristen Maranatha.

[img]
Preview
Text
0742006_Abstract_TOC.pdf - Accepted Version

Download (202Kb) | Preview
[img] Text
0742006_Appendices.pdf - Accepted Version
Restricted to Registered users only

Download (116Kb)
[img]
Preview
Text
0742006_Chapter1.pdf - Accepted Version

Download (152Kb) | Preview
[img] Text
0742006_Chapter2.pdf - Accepted Version
Restricted to Registered users only

Download (201Kb)
[img] Text
0742006_Chapter3.pdf - Accepted Version
Restricted to Registered users only

Download (227Kb)
[img]
Preview
Text
0742006_Conclusion.pdf - Accepted Version

Download (73Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0742006_Cover.pdf - Accepted Version

Download (664Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0742006_CV.pdf - Accepted Version

Download (5Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0742006_References.pdf - Accepted Version

Download (66Kb) | Preview

Abstract

概略 日本社会は神話があることを信じている社会である。その神話の一つとし て幸運をもたらすものとして信じられている猫の言い伝えがある。その猫は「招 き猫」として知られている。普通の「招き猫」の形は座りながら、前足を揺り動 かす猫の像である。「招き猫」は「招き」と「猫」の単語からできている。「招 き」は「招待する」もしくは「呼ぶ」の意味を持っており、「猫」は動物の猫の 意味を持っている。つまり、招き猫は通りがかりの人々が買わなくても、見に来 る様に、前足を動かすことで、人々を呼ぶことにより、幸運をもたらす猫の意味 を持っている。 昔から、日本社会では猫はとても特別な動物であることを信じられている。 猫は神様が大好きな動物だという神話もある。「招き猫」は普通、レストラン、 旅館等、サービス店の前に置いてある。江戸時代では、「招き猫」は人々を招待 するものとして知られている。 「招き猫」の形は色々な意味を持っている。お客さんを招待する意味を持 って、耳まで、顔を洗っている猫の形である一般の「招き猫」の形から、天気や お客さんが来るのを予知する霊的な行為の意味を持って、耳の裏を擦る猫まであ る。 「招き猫」が日本にあるのは、言い伝えがある為である。「招き猫」の言 い伝えは19 世紀に終わる江戸時代(1603 年~1867 年)の時から存在している。 その時代では日本社会は猫が特別な動物であることを信じていた。その時代では、 猫が神様が大好きな動物だという話がある。その言い伝えがあることから、猫は 今でも知恵と幸運の精霊として扱われている。 しかし、時間が経つと共に、グローバル的な時代の変化によって、「招き 猫」の色にも様々な色が追加されて、個々違う意味を持つことになった。「招き 猫」は事業の場所に置いてあるだけではなく、若者により部屋に置いてある場合 もある。グローバル化の流れの発展と共に、「招き猫」は日本だけにあるではな く、他国にも広まり始め、実際に、ブティック、レストランや店の前に「招き 猫」を置く人もいる。 「招き猫」を持っている社会にとって、色、形状、サイズと置き方により、 人生に感じるものがそれぞれな考え方がある。その為、「招き猫」を持つことは その人の願いにをかなえるためで、持つだけでは意味がない。しかし、選択する には、欲しい機能と効果に基づいている。従って、日本人が「招き猫」を信じて いるのは、日本人の「招き猫」に対する考え方に、回答者が共感しているからで ある。アンケートの回答者によると、現在の日本人では「招き猫」を持っている 人のほとんどは、色、形状、サイズと置き方をあまり気にしていない。 回答者の一部の中に、「招き猫」が幸運をもたらすことに賛成する見解を 挙げるものもいる。それによって、事業も顧客で賑やかになる。幸運をもたらす だけではなく、欲しいものがある時、「招き猫」を信じて、努力すれば、欲しい ものも手に入ると信じられている。その他に、「招き猫」は言い伝えで幸運をも たらす像とされているので、今でも信じられている。「招き猫」は長いの歴史が あるものとしての経緯を持っている。その上、「招き猫」が幸運をもたらす像と して信じられている。 アンケートの結果によると、全回答者は「招き猫」について知っているが、 一部の回答者だけは「招き猫」の神話を知っていて、信じている。その後、色、 形状、サイズと置き方について、人生に感じているのは独特な考え方がある。つ まり、「招き猫」は幸運をもたらす像として機能を持っている。 右前足を上げる「招き猫」は富の意味を持っている。選択された色は黒で あれば、持ち主の富と健康の意味を持っている。また、置く場所も事業場所のド ア付近に置く。普通は、お金を閉める箱(レジ)の隣に置いてある。アンケート の結果によると、ほとんどの回答者は「招き猫」の機能と効果について回答をく れなかったのは、「招き猫」に対する信仰が薄くなったからである。彼等にとっ て、「招き猫」が可愛いので、飾りとして持っている。現在、外観で基づく、 「招き猫」を持っているのほとんどの人は、色、形状、サイズと置き方をあまり 気にしていない。 その後、回答者は「招き猫」が幸運をきたらすことができるのだという見 解をあげた。信じるだけではなく、ある物が欲しいとき、「招き猫」を信じるだ けではなく、努力すれば、そのものも手に入れることができる。その他に、「招 き猫」が幸運をもたらす像である言い伝えがあって、現在までも未だに信じられ ている。「招き猫」も長い歴史を持つものとしての経緯を持っている。 また、「招き猫」は幸運をもたらす像として信じられていて、昔から今ま でも信じられている歴史的な物でもある。従って、多量に「招き猫」を持ってい ることは、事業を持っている人の幸運が倍になる関係はない。なぜかというと、 「招き猫」を多量に持っでても、幸運には直接関係がないからである。回答者に とって、持っている「招き猫」の個数は幸運の量に効果がない。1 個を持っても、 幸運をもたらすことができる。従って、多量に「招き猫」を置くことは、事業を 持っている人に幸運が倍になるわけはない。しかし、幸運は「招き猫」によりも たされるのではなく、祈りと努力によりもたされると答えた人もいる。なぜかと いうと、「招き猫」を多量に持っても。努力せず、信じなければ、結局、個運は くることはない。 アンケートの結果に基づいて、回答者によると、今でも、日本社会では 「招き猫」を店に置く人が未だ多くいる。全員は「招き猫」がもたらす良いこと を信じるわけがなくても、時代から時代へと伝われている言い伝えとして扱われ ている神話と関係があるので、人々は未だ「招き猫」を置いている。このことは ショッピング・センター、商店街やレストランにある「招き猫」の個数から見ら れる。そこで、買う為か、見に来る為だけか店に来るお客さんが多いことが見ら れる。 回答者は「招き猫」の神話を知っているかと招き猫を持っているかどうか についての分析の結果として、「招き猫」は神聖なものとして信じられているよ り、伝統的なものだけとして扱われている。このことは近代的の社会では、言い 伝えに対する信仰がうまっていることている。

Item Type: Thesis (Undergraduate)
Subjects: P Language and Literature > PI Oriental languages and literatures
Divisions: Faculty of Letters > 42 Japanese Department
Depositing User: Perpustakaan Maranatha
Date Deposited: 10 Apr 2015 09:32
Last Modified: 10 Apr 2015 09:32
URI: http://repository.maranatha.edu/id/eprint/11719

Actions (login required)

View Item View Item