Analisis Kesinoniman Kata Dalam Bahasa Jepang Pada 'Fukushi Totemo, Taihen, Zuibun' (Kajian Semantik)

Arizona, Indra ( 0342067 ) (2010) Analisis Kesinoniman Kata Dalam Bahasa Jepang Pada 'Fukushi Totemo, Taihen, Zuibun' (Kajian Semantik). Other thesis, Universitas Kristen Maranatha.

[img]
Preview
Text
0342067_Abstract_TOC.pdf - Accepted Version

Download (92Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0342067_Appendices.pdf - Accepted Version

Download (551Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0342067_Chapter1.pdf - Accepted Version

Download (143Kb) | Preview
[img] Text
0342067_Chapter2.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (319Kb)
[img] Text
0342067_Chapter3.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (322Kb)
[img]
Preview
Text
0342067_Conclusion.pdf - Accepted Version

Download (87Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0342067_Cover.pdf - Accepted Version

Download (442Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0342067_References.pdf - Accepted Version

Download (81Kb) | Preview

Abstract

序論 日本語では似てる意味言葉がたくさんある。日本語の言語学ではそんな問 題が類義語と同義語という二つ名前がある。同義語というのはまったく同 じ意味があって、もし一つ言葉が他の言葉を変わると意味が変更しないで ある。類義語というのは同じ意味あって、違う意味もことである。 日本語では言葉がたくさんあるですが、今回の研究は程度副詞を選ぶので ある。程度副詞もいろいろな副詞があって、私は極端場合の程度副詞を研 究するのである。極端場合の程度副詞も7つがあるのですが、私は三つだ け研究するである、それは「とても」、「大変」、「随分」である。そん な言葉が文に良く使うので難しく使うのである。 「類義語」というのは、意味が同じか、または良く似ている単語のことあ る。(徳川、1972:3) 用言(動詞、形容詞、形容動詞)について、その用言の様子や状況、程度 副詞などを表す単語を[副詞]と言います。(隆幸、1991:23) 程度副詞は「状態の意味を持つ語にかかって、その程度を限定する「副 詞」と理解されている。(香、1993:20) 今回の目的は「とても」、「たいへん」、「ずいぶん」がどんなことをち がうか、しらべたいである。 「とても」、「たいへん」、「ずいぶん」がどんな違うところある。 「とても」、「たいへん」、「ずいぶん」がどの部分似ているか、調べた いである。もし一つ言葉が他の言葉で変わったら意味が違いになるでしょ うか。 本論 1.長門:うまい?ねえうまい?父ちゃん? 長門父さん:「こんな多くの魚をとれる程大きくなったとは...」 ああ、とってもうまいよ。 ァ.長門:うまい?ねえうまい?父ちゃん? 長門父さん:「こんな多くの魚をとれる程大きくなったと は...」 ああ、大変うまいよ。 ィ.長門:うまい?ねえうまい?父ちゃん? 長門父さん:「こんな多くの魚をとれる程大きくなったと は...」 ああ、随分うまいよ。 副詞を使う文の上はみんながかわることができるのである。そんな副詞の 文が「うまい」の形容詞を修飾することである。それとも魚の味がすごく うまいといって感じがある。その三つ文はみんなが変わることができる、 意味も違いにしないである。 2.本当ですよ。私の日本語はとてもだめです。手伝いがありません。 ァ.*本当ですよ。私の日本語は大変だめです。手伝いがありません。 ィ.*本当ですよ。私の日本語はずいぶんだめです。手伝いがありません。 2番目文は「とても」によって特別な問題です。こんな文が「とても」の 副詞は「大変」と「随分」が変わることできないのである。「とても」の 副詞は無理や~ない形の言葉を説明するである。 3.そのお祈りには私も幼少だったとはいえ大変失礼いたしました。 ァ.*そのお祈りには私も幼少だったとはいえとても失礼いたしました。 ィ.*そのお祈りには私も幼少だったとはいえ随分失礼いたしました。 上にある文が、副詞が他の副詞と変わることができないである。「大変」 が特別な性格があって、それは感謝表現を表す言葉を修飾を表すことであ る、副詞が「大変」を使うことである。 4.あの薬を飲んで一日寝たら随分良くなりました。ありがとう ァ.*あの薬を飲んで一日寝たらとても良くなりました。ありがとう ィ.*あの薬を飲んで一日寝たら大変良くなりました。ありがとう 4番の文に、随分の副詞がだいたい課題の文を変格することを説明するこ とであるですが。いっぽいっぽ変格を説明する。もし随分が「大変」とか 「とても」とかを変わりに変便がはなはだしくするであろう。

Item Type: Thesis (Other)
Subjects: P Language and Literature > PN Literature (General)
Depositing User: Perpustakaan Maranatha
Date Deposited: 16 Oct 2014 10:09
Last Modified: 16 Oct 2014 10:09
URI: http://repository.maranatha.edu/id/eprint/7628

Actions (login required)

View Item View Item