Ganbaru (頑張る)Dalam Drama 'Ichi Rittoru No Namida'『一リットルの涙』

Christie P.N., Martinette Susan ( 0442001 ) (2009) Ganbaru (頑張る)Dalam Drama 'Ichi Rittoru No Namida'『一リットルの涙』. Other thesis, Universitas Kristen Maranatha.

[img]
Preview
Text
0442001_Abstract_TOC.pdf - Accepted Version

Download (109Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0442001_Appendices.pdf - Accepted Version

Download (132Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0442001_Chapter1.pdf - Accepted Version

Download (83Kb) | Preview
[img] Text
0442001_Chapter2.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (192Kb)
[img] Text
0442001_Chapter3.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (239Kb)
[img]
Preview
Text
0442001_Conclusion.pdf - Accepted Version

Download (36Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0442001_Cover.pdf - Accepted Version

Download (45Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0442001_References.pdf - Accepted Version

Download (9Kb) | Preview

Abstract

序論 じょろん 成功 せいこう を収 おさ める努力が重要 じゅうよう である。確固 かっこ たる意志 いし ビジョンがあれば、 努力ははじめて実 みの るのである。この努力というものが先進国 せんしんこく の一国である日 本の国民 こくみん に反映 はんえい されている。 日本人はさまざまな事に仕 つこう して辛抱 しんぼう 強く対向 たいこう する努力をしているの である。幼年時代 ようねんじだい から日本人は粘 ねば り強く、諦めない、辛抱 しんぼう 、強く生きること を教えられてきたのである。それらの精神が「頑張る」という語に結晶 けっしょう し たのである。日本人はそのことが「頑張る」という。 Roger J Davies によれば、「頑張る」精神を形作る要素として次のよ うなものがある。諦めない、躾、責任、努力、忍耐のである。 ドラマ「一リットルの涙」には、「頑張る」精神 せいしん が多含 おおふく まれている。 それらは、主人公 しゅじんこう 及び副主人公 ふくしゅじんこう の演技 えんぎ を通 とお して見ることができる。 本論分は、ドラマ「一リットルの涙」に含 ふく まれた「頑張る」精神を 主人公及 しゅじんこうおよ び副主人公 ふくしゅじんこう を通して、分析するものである。 分析 ぶんせき あたっては、道徳的教訓 どうとくてききょうくん アプローチを使うことにする。 本論 ほんろん 「頑張る」は、「頑」及び「張る」という語からなるものである。 「頑」は「強い」という意味で、「張る」は「引く」という意味である。 全体 ぜんたい の意味としては仕事を終わるまで、せっせと事々物々 ぶつぶつ に精を出すことと いう意味である。Roger J Davies の、「Sanseido Japanese Dictionary」に「頑 張る」の意味は五つに分けれる。それは「諦めない」、「躾」、「責任」、 「努力」、「忍耐」である。 一番の要素 ようそ は諦めない、その言葉は「諦める」の~ない形から形作 かたちづく れ、見限 みきり ないという意味である。日本人にとって「諦めない」という言葉は 一事態 いちじたい に「do or die」または「するか死ぬか」という意志を強くするように 強いる言葉である。そのため、日本人自我 じが を捨てて最大 さいだい の努力で仕事を仕上 しあ げることができるのである。 二番の要素 ようそ は躾ものである。躾は規律 きりつ 礼儀 れいぎ という意味である。日本で は親は子供に「躾」を植えつけて育 そだ てあげるのである。また、「躾」は会社 でも応用されるのである。そのため、日本人はいかなる困難なことでも規律 を守りながらそれをやりとげることができる。 三番の要素は責任である。歴史 れきし 的に見て、責任という言葉はある任務 にんむ を完全に果たせない場合、その担当者 たんとうしゃ は自退 じたい して責任を取るというに使われ てきたのである。武士の社会では切腹 せっぷく をして責任をとるのである。 ドラマ「一リットルの涙」では、脊髄小脳変性症 せきずいしょうのうへんせいしょう を患っている主人 公キトウ.アヤ別名 べつめい イケウチ.アヤが「頑張る」精神のこの五要素 ごようそ を持 も ち併 あわ せていることが見られる。それらの要素は主人公がその病 症 びょうしょう を持っている と判定 はんてい される前から死ぬまでの生き方を通 とお して見ることができる。「諦めな い」精神と要素はアヤが合唱団 がっしょうだん の合戦 がっせん に出るために富田 とみた にピアノをひくこ とを依頼 いらい をするときに見ることができる。依頼を受けた富田 とみた は彼女 かのじょ を馬鹿に し、その依頼を断 ことわ ったのである。「躾」という要素は親のトウフ開店 かいてん 手伝 うために、アヤが常 つね に早朝 そうちょう に起床 きしょう することに見ることができる。 「責任」という要素は、入学試験に遅れないように時間と競争するア ヤの態度 たいど に見ることができる。 「努力」という要素は、合戦に勝つために、睡眠 すいみん 時間を減らしての 歌探 うたさが しに耽 ふけ るアヤの行動に見ることができる。 「忍耐」という要素は、アヤが脊髄小脳変性症 せきずいしょうのうへんせいしょう を患っている判定さ れて以来のアヤの態度 たいど に見られる。アヤは苦境 くきょう に立たされているが、それを そのまま受け入れ、それに立ち向かうのである。 また、それらの「頑張る」精神の要素は、副主人公 ふくしゅじんこう である母親、イケ ウチ.シオカ、父親、イケウチ.ミズオ、妹、イケウチ.アコ、弟、イケウ チ.ヒロキの態度 たいど 及び行動 こうどう に見ることができる。 四つ目の要素は努力で、これは「頑張る」の一つを形作るものである。 努力は目的を達成できるように肉体及び精神を働かせることである。 五つ目の要素は忍耐である。忍耐は自分自身も絶望に追い込ませるよ うな難解な状況に対して挫けないことである。この精神を持つことにより、 いかなる苦境に立たされても、そこから逃げず、最後までそれに対向するこ とができる。 結論 ドラマ「一リットルの涙」における「頑張る」精神を分析 ぶんせき してみた結 果次の結論を引き出すことができる。 - 「頑張る」精神には「諦めない」「躾」「責任」「努力」「忍耐」とい う五つの要素がある。 - 当ドラマの主人公及び副主人公が「頑張る」精神の要素をそれぞれ持ち 併せている。 - 成功を収めるために、また目的を達成できるためには、「頑張る」こと が必要である。

Item Type: Thesis (Other)
Subjects: P Language and Literature > PN Literature (General)
Depositing User: Perpustakaan Maranatha
Date Deposited: 10 Oct 2014 09:20
Last Modified: 10 Oct 2014 09:20
URI: http://repository.maranatha.edu/id/eprint/7415

Actions (login required)

View Item View Item