Penyebab dan Dampak Transeksual Dalam Novel 'Kicchin' Karya Banana Yoshimoto Ditinjau Dari Psikologi Abnormal

Daniarti, Sherly ( 0542025 ) (2012) Penyebab dan Dampak Transeksual Dalam Novel 'Kicchin' Karya Banana Yoshimoto Ditinjau Dari Psikologi Abnormal. Other thesis, Universitas Kristen Maranatha.

[img]
Preview
Text
0542025_Abstract_TOC.pdf - Accepted Version

Download (220Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0542025_Appendices.pdf - Accepted Version

Download (146Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0542025_Chapter1.pdf - Accepted Version

Download (117Kb) | Preview
[img] Text
0542025_Chapter2.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (142Kb)
[img] Text
0542025_Chapter3.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (360Kb)
[img]
Preview
Text
0542025_Conclusion.pdf - Accepted Version

Download (83Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0542025_Cover.pdf - Accepted Version

Download (188Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0542025_References.pdf - Accepted Version

Download (68Kb) | Preview

Abstract

要約 序論 小説文学と言うのは作家の思い方をイメージすることである。「キ ッチン」は吉本ばななの作った小説である。1987 年に出版された小説であ る。 その小説で桜井みかげと言う女の人のことを話している。桜井みか げさんは独身で、全ての家族は死んでしまった。彼女は台所のことが好き である。そして、彼女はえり子さんのご家族さんと一緒に生活している。 その新しい家族に一人の男の人がいる。その男の人は女の人に性転換(ト ランセクシャル)をしている。この論文は 性転換する(トランセクシャル) の問題について文析するつもりである。 この論文の問題を分析するため、心理学の解析の記述法を使ってい る。解析の記述法と言うのは証拠を集めって、その問題を述べて、後で文 析することである。本研究の目的は「キッチン」と言う小説の性転換する (トランセクシャル)の理由を調べることである。性転換する(トランセ クシャル)後に、生活はどんなようになるでしょうかと分析するつもりで ある。 本論 バックナー (1976 : 597)によると、 性転換する (トランスセクシ ャル)は ジェンダーの個人性の異常 (Gender Identity Disorder) の一つ である。ある人間は間違った体に閉じ込んでいる感情を感じ、性転換手術 にて生物学的の個人性を転換させる。 「キッチン」の小説の一人の登場人物は「えり子」と言う女の人は トランセクシャルに性転換するもっともっとは彼は父親の役割をしている。 えり子の男性から女性に個人性の転換は生まれたときからの精神的な現象 ではなく、愛しい妻が亡くなることにより発生した空いている心及び寂し さが溜まらない為である。 えり子が環境に嫌われていると思ってしまったため、環境の変化だ けではなく、恒久な個人性の変化を感じてしまった。個人性の変化になる 過程は「自分を完全に女性に転換したい」という意志にて示す。 えり子がトランスセクシャルになることは多少の要因により、影響 をもらう。つまり: a. 下記の様な環境の要因:  愛しい人の死亡 (妻)  親戚から心の支えがないこと。  自分の心をより塞ぐことになる、回りの環境を無視すること。 b.下記の様な個人の自己意識の要因:  シンゲルペレンになることに脅える要求不満  子供を育てる為に大変なシンゲルペレンとして父親の存在の困難  母親の存在は父親の存在より重要であることの考え方  愛しい妻以外のものを愛することが不可能という考え方。  自分を女性になることのメリットとして泣くことが許される(男性が 泣くことがありできないと思われる為)という考え方。 トランセクシャル になった以来、えり子は自分の決断による発生 する影響を感じてしまった。えり子がトランセクシャルになった社会的の 人生の影響は下記のとおりである: a. えり子が直接感じる影響:  男性の習慣が女性の習慣になること。  前の性別を証明する書類が支障となり、仕事に就く機会が狭くなるこ と。このことにより、えり子はトランセクシャルの集団用の「ゲイバ ー」を開店する。  回りの人に認められなくなるを感じる為、心を塞ぐ。孤独であるえり 子は、子供との人生、トランセクシャル同士との人生以外の世間を完 全に無視する。 b. えり子が直接感じていない影響:  子供が自分を「お父さん」から「お母さん」と呼ぶことになる調整で ある。このことは無意識で、父親であるイメージを母親のイメージに する。この状況はえり子の子供に完全に納得されていないが、えり子 の子供は納得してふりをしている。  えり子の過去を知らず、新しい人間を認めてくれる社会。しかし、男 性であった過去がばれた時点において、殺されることにより自分の命 がなくなることという定めを受けることになる。この殺害は、えり子 が男性であったことに対する最も極端な一つ社会の集団の行為である。 結論  配偶者が亡くなることは人間に空いている気持ち(無感覚)を感じさ せる。この段階においては、社会の支え、特に親戚の支えは無くなっ た人に死別された人間の空いてしまった心を再び詰める為に、 非常 に重要なものである。  えり子が妻を失い、トランセクシャルになる意志に従う際、回りの人 の支えをもらっていなかった。  ある人が性転換をすることが必ず社会からの反応を及ぼす。この反応 も良い反応及び悪い反応に区別できる。良い反応は性転換する決断を 納得し、尊敬する。逆に、悪い反応は騙されることにより、トランセ クッシャルに対する強い拒否である。

Item Type: Thesis (Other)
Subjects: P Language and Literature > PN Literature (General)
Depositing User: Perpustakaan Maranatha
Date Deposited: 09 Oct 2014 09:47
Last Modified: 09 Oct 2014 09:47
URI: http://repository.maranatha.edu/id/eprint/7367

Actions (login required)

View Item View Item