Analisis Verba 習 なら う, 学 まな ぶ, 勉強 べんきょう する Dalam Kalimat Bahasa Jepang (Kajian Semantik)

Arindwimanda, Armila ( 0642007 ) (2010) Analisis Verba 習 なら う, 学 まな ぶ, 勉強 べんきょう する Dalam Kalimat Bahasa Jepang (Kajian Semantik). Other thesis, Universitas Kristen Maranatha.

[img]
Preview
Text
0642007_Abstract_TOC.pdf - Accepted Version

Download (157Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0642007_Appendices.pdf - Accepted Version

Download (424Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0642007_Chapter1.pdf - Accepted Version

Download (145Kb) | Preview
[img] Text
0642007_Chapter2.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (205Kb)
[img] Text
0642007_Chapter3.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (252Kb)
[img]
Preview
Text
0642007_Conclusion.pdf - Accepted Version

Download (54Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0642007_Cover.pdf - Accepted Version

Download (211Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0642007_References.pdf - Accepted Version

Download (42Kb) | Preview

Abstract

類義語習う、学ぶ、勉強するの文法分析 序論 外国語を学ぶことは簡単なことじゃないと思う、たとえば文法的で ある。日本語の文とインドネシア語のは違う。日本語の中には、類義語と いう言葉がある。この語と他の語の使い方は違う。類義語は品詞分類では、 たとえば名詞、動詞、形容詞にある。動詞では、たとえば「習う」、「学 ぶ」、「勉強する」である。 「習う」と「学ぶ」と「 勉強する」はインドネシア語で翻訳すれば、 「belajar」と言う一つの意味を持ってる。しかし、日本語で三つの動詞の 適用は違う。その問題によると、著者は三つの動詞、辞書的な適用を説明 する。そして、三つの動詞は日本語の文で 置き換えられるかどうかのを 研究している。 本論 この論文は研究の目的が届けるように、描写方法と置き換え技術を 使う。学説は厳原さん(1998)、金田一さん(1996)、徳川さん (1981)、林さん(1996)の意見によって使う。 三つの動詞はインドネシア語に翻訳すると、「mempelajari」の意味 が持っている。でも、「勉強する」の場合は翻訳すると、「belajar」とい う意味ができる。 「習う」と「 学ぶ」は「まねる」の部分がある。「 習う」は「教え られたとおりに練習する」の意味が持っていますが、「 勉強する」は 「将来のために」ニュアンスが持っている。 三つの動詞は成分がつれて持っている。三つの成分の同等は知識で ある。「 習う」と「勉強する」では、熟練もある。「 習う」では、「仕 方」の部分がある。 その意見のとおりに、「 学ぶ」と「勉強する」のメディアは同じで ある。「教師」は三つの動詞のメディアである。「 習う」はほかのメデ ィアがある。それは「伝統」である。「 学ぶ」と「 勉強する」は本、経 験、テレビ・ラジオ講座のメディアがある。この下は、三つの動詞の例文、 1.100 私は大学で情報管理について勉強しています。 (NJ, 1992年12月 :113) 上の文の役者は情報管理を勉強している。「大学」のとおりに、役 者は知識を勉強して、教師に教わることである。知識を勉強するために、 他の人の手伝いを要りますが、熟練は要らない。その文の役者は知識を勉 強している。その文は他の動詞に置き換えたら、 1.’ 私は大学で情報管理について習っています。 1.” 私は大学で情報管理について学んでいます 三つの動詞は知識と言う成分が連れることができる。どんな知識も 大丈夫である。三つの動詞の違いは知識の勉強の方法、直接行為または間 接行為である。 。 「 習う」は直接行為だけである。「勉強する」と「学ぶ」は直接行 為も間接行為も大丈夫である。このことはメディアに頼る。 結論 「習う」、「学ぶ」、と「勉強する」の分析はこれで結論する。 「 習う」は「教えられた通りに倣う」と「教えられた通りに練習する」 と「仕方を覚える」の意味が持っている。「習う」と同じ、「学ぶ」は 「倣う」の意味も持っている。「勉強する」は「はげむこと」と「抵抗を 感じながらも、当面の学業.仕事などに身を入れる」と「将来のために」 の意味を持っている。 「習う」と「学ぶ」と「勉強する」は知識と熟練という成分が連れ ることができる。「習う」はやりながら、できる熟練。「学ぶ」と「 勉 強する」はできる前に、理論が必要熟練である。 「習う」は「倣う」の意味を持って、「教師」のメディアがある。 これは「教えられた通りに練習する」と「仕方を覚える」の意味にできな い。それはそんな場合に教師が要りませんですから。 「学ぶ」と「勉強 する」は教師、本、経験、テレビ・ラジオ講座というメディアがある。 「習う」は直接行為である。「学ぶ」と「勉強する」は直接行為も 間接行為も大丈夫である。 「勉強する」には「勉強が一人でする」の資 料が見つかりました。このことは他の動詞にはできない。

Item Type: Thesis (Other)
Subjects: P Language and Literature > PN Literature (General)
Depositing User: Perpustakaan Maranatha
Date Deposited: 06 Oct 2014 11:00
Last Modified: 06 Oct 2014 11:00
URI: http://repository.maranatha.edu/id/eprint/7178

Actions (login required)

View Item View Item