Analisis Topik dan Subjek Dalam Kalimat Bahasa Jepang (Kajian Sintaksis dan Semantik)

Canggra, Moureen Sari ( 0842013 ) (2013) Analisis Topik dan Subjek Dalam Kalimat Bahasa Jepang (Kajian Sintaksis dan Semantik). Other thesis, Universitas Kristen Maranatha.

[img]
Preview
Text
0842013_Abstract_TOC.pdf - Accepted Version

Download (157Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0842013_Appendices.pdf - Accepted Version

Download (532Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0842013_Chapter1.pdf - Accepted Version

Download (147Kb) | Preview
[img] Text
0842013_Chapter2.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (234Kb)
[img] Text
0842013_Chapter3.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (307Kb)
[img]
Preview
Text
0842013_Conclusion.pdf - Accepted Version

Download (65Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0842013_Cover.pdf - Accepted Version

Download (222Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0842013_References.pdf - Accepted Version

Download (56Kb) | Preview

Abstract

日本語の文に話題と主語の使用の分析 序論 文は主語、述語、対象語、状況語の形で文の構造を持っている必要 がある。文の構造は統語論に含まれている。高田によると(1990:68) 統語 論では理論的な問題として文の構造をどのように記述するかという問題を 含む。 文の構造(統語論)のほかに、文の意味を析する、意味論も含まれる 。佐久間による(2004:95) 意味論では、言語の性質を、意味の側面に着目 して考察する。 日本語の文の構文は状況語、主語、対象語と述語から成る。牧野. 筒井によると(1995 : 25) 主語では 普通日本語の主語は助詞 「が」 でマー クされる。続いて、文が話題です。理論の主語は助詞 「が」 によってマ ークされていることで理解することができる、そして、文の話題は助詞 「は」 でマークされている。 川島 (1999:34)による と助詞「が」の主な機能は主語を強調する。 しかし、助詞 「は」も同じく 特別な機能を持っている。 文の中でも、話題の文がある。文は主語と話題を持っている必要が あるが、時には話題は文の主語として重なることができる。話題を理解し た上で牧野筒井(1995:21) による、 話題の理解は日本語の重要な概念です。大雑把に言えば、文の話題 は何かについての文です。話題は、様々な話題マーク装置を用いて 提示されています。これらのうち、「は」 が最も頻繁にマークさ れています。 話題と主語は統語論と意味論に密接に関連しています。話題は意味 論から知っているほうがよい。しかし、主語は統語論から知っているほう がよい。 本論 著者が51 の資料の詳細を検討し、同じ文の話題と主語は26 文、違 う文の話題と主語は16 文、主語が消えたの文は9 文であった。 ここで研究されている資料のいくつかの例は以下の通りである: 1. (18) 北陸地方は本格的な雪の季節を迎えます。(MMS, 1993:70) それぞれが 1 つだけの関数の構文を持っているので、単一の文であ る。「北陸地方は」は助詞をマークしているため主語としては「は」。 「本格的な雪の季節を」は対象語であるから、助詞 「を」で表す。そし て、「迎えます」は行動の言葉あるので、述語になる。話題は「北陸地方 は」の単語ですから、助詞「は」でマークする。 意味論の観点から分析し、上記の文は冬に閉鎖された地方があると いう状態を伝える意味を持ち、場所は北陸地方です。それは意味論にも「 北陸地方は」は話題の文がなる。また、「北陸地方は」は文の場所を示し ています。したがって、文1は話題と主語が同じです。 2. (21) 今、日本人の多くが米の心配をしています。(TNJ 2, 1994:17) 「今」の時間の状況語であり、主語は「日本人の多くが」で、示さ れた助詞は「が」である。対象語は「米の心配を」で、示されている助詞 は [を]、および述語は「しています」ある。その文は、各関数の構文1 の ための単一の文である。 話題の文が密接に文の意味に関連していたり、統語論の観点から見 ることができるだけでなく、意味論の観点からも話題を見ることができま す。話題の文は「しています」動詞の目的である文と客観的役割で議論さ れている主なものであるため、対象語は「米の心配を」である。そして、 主語と話題が違い、主語は「日本人の多くが」であるが、話題は「米の心 配を」である。 3. (13) この日にはお母さんに赤いカーネーションやプレゼントをおく り、感謝の気持ちを表します。(MMS, 1993:32) 上の複数の文のパターンはK S P O O P です。主語が消えているが、 それは主題の内容で理解されている。状況語が助詞 「に」でマークされ た, 「この日には」の単語がある。対象語は助詞「を」でマークされた、 「お母さんに赤いカーネーションやプレゼントを」の単語である。述語は 「おくり」と「表します」の単語で、話題は「この日には」の単語である から、助詞は「は」をマークします。 日本では、5 月の第二週を母の日として記念する。その日に、日本 人は母親に赤いカーネーションの花や贈り物を贈る。したがって、この文 は話題が「この日には」です。「この日には」は5月の第二週が表すが、 主語は消えている。 結論 同じ文の話題と主語は、しばしば出現した助詞「は」によって主題 マーク助詞と同様の話題マーク助詞としての二重の機能を持つ。言葉の意 味(意味論)を搭載し、主語は一番必要な文で説明されている場合、主語 が話題になることができる。 違う文の話題と主語は、助詞「は」と「が」があって、主語が指摘 することができる。助詞「は」も話題の文を指摘しますが、助詞 「に」 に粘りつきなければなりません。意味論は主語が対象の実行する人ですが、 話題は文に含まれる多くの重要な事柄です。 消えた主語文は必ず話題を持っている。主語が書いてないが、話題 として対象語または状況語になる。

Item Type: Thesis (Other)
Subjects: P Language and Literature > PN Literature (General)
Depositing User: Perpustakaan Maranatha
Date Deposited: 02 Oct 2014 10:28
Last Modified: 02 Oct 2014 10:28
URI: http://repository.maranatha.edu/id/eprint/7081

Actions (login required)

View Item View Item