Analisis Klausa Relatif Restriktif Dalam Kalimat Bahasa Jepang (Kajian Sintaksis)

Felicia, ( 0842006 ) (2012) Analisis Klausa Relatif Restriktif Dalam Kalimat Bahasa Jepang (Kajian Sintaksis). Other thesis, Universitas Kristen Maranatha.

[img]
Preview
Text
0842006_Abstract_TOC.pdf - Accepted Version

Download (185Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0842006_Appendices.pdf - Accepted Version

Download (471Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0842006_Chapter1.pdf - Accepted Version

Download (280Kb) | Preview
[img] Text
0842006_Chapter2.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (297Kb)
[img] Text
0842006_Chapter3.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (264Kb)
[img]
Preview
Text
0842006_Conclusion.pdf - Accepted Version

Download (68Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0842006_Cover.pdf - Accepted Version

Download (241Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0842006_References.pdf - Accepted Version

Download (134Kb) | Preview

Abstract

序論 制限的修飾節とは文の中に入って、他の情報を加えて、前に言った 主な名詞を制限する節である。 制限的修飾節も関係代名詞がない。(久野、 1995:234) 石橋 (1973:172) は関係節についてこのように論じる。 関係節は名詞の修飾構造の一つ=形容詞・属格名詞句と同じ働きを していると考えられる 形容詞・属格名詞句が名詞の前後に現れることと関係節が名詞の前 後に現れることとには相関関係がある. (石橋幸太郎, 1973:172). 関係節は形容詞、名詞、副詞などに言を加える。文を展開するの句 も加える事ができる。 日本語の関係節は二つに分ける、制限的修飾節と非制限的修飾節。 坂本 (2008:122) は意見を論じる。 日本語や中国語では二種類の関係節構造に音韻的な差が見られない ため、制限的解釈か否かの判断は音声では決まらず、文脈が必要と なる。 その理論より、制限的修飾節と非制限的修飾節は音韻学で区別して、 音調に基づく。それと統語論で文がある意味は大切な役目になる。制限的 修飾節と非制限的修飾節は文の意味が限るかどうかよく判る。 日本語の制限的修飾節の使用で面白い部分があるから、このテーマ を選ぶことになった。制限的修飾節は文を展開するだけではなく、文の意 味も展開する。この論文の目的は日本語の文における複文の有無として制 限的修飾節を分析し、制限的修飾節でどの統語論の作用が展開できるかを 説明する。 敏裕 (2005:11)と久野 (1995, 234-240) は制限的修飾節三つに分けると 論じる。名詞修飾節と関係副詞節と関係形容詞節 である。 本論 名詞修飾節 1. あの子供がかわいがっていた犬が死んでしまった。(MY, 1976:298) S P 犬が 死んでしまった S O P あの子供が Φ かわいがっていた 上の一番データでは、「が」という助詞は「の」助詞と同じ機能であって、 「持つ」という意味である。「犬が死んでしまった」は主文である。主語 である「犬」は「あの子供がかわいがっていた」節に展開された。従属語 では「あの子供が」は主語になって、「かわいがっていた」は述語になる。 「犬」は主文である主語より従属語の対象語に変わる。「あの子供がかわ いがっていた犬」という節、死んだ犬は従属語の主語「あの子供」が飼っ ていた犬という意味を限る。 関係形容詞節 2. あけみさんが好きなばらの花を持って行った。(MN, 1998:151) S O P Φ ばらの花を 持って行った S O P あけみさんが Φ 好きな 二番のデータは形容詞により制限的修飾節である。主文は消えた主語の 「私は」、対象語の「ばらの花」、述語の「ばらの花」である。対象語の 「ばらの花」は「あけみさんが好きな」という節を加える事で展開する。 その加えた節は前の主文の従属語になる。従属語では、「あけみさん」は 主語で、「ばらの花」は対象語で、「好きな」は述語である。上のデータ は(私は)あけみさんが好きなばらの花を持って行ったという意味である。 関係副詞節 3. 私達が私の家の近くにある公園でサッカーをしました。(MS, 2011:8) S K O P 私達が 公園で サッカーを しました S K P Φ 私の家の近くに ある 「私達が公園でサッカーをしました」は主文である。 「私達が」は主語 で、「公園で」は場所の状況語で、「サッカー」は対象語で、「しました」 は述語である。「公園で」である 場所の状況語は「私の家の近くにある」 という制限的修飾節により展開される。従属語では「私の家の近くに」は 主語で、「ある」は述語である。 結論 1. 制限的修飾節とは文の中に入って、他の情報を加えて、前に言った 主な名詞を制限する節である。日本語の制限的修飾節では、インド ネシア語と英語みたいに修飾語がありません。日本語の制限的修飾 節は言だけじゃなく、文の意味を展開するのも可能である。 2. 制限的修飾節は三つに分ける。名詞修飾節と関係形容詞節と関係副 詞節 である。名詞修飾節は名詞の拡大の制限的修飾節。関係形容詞 節は形容詞に文を拡大するの制限的修飾節。で、関係副詞節は文で ある修飾語の拡大の制限的修飾節。

Item Type: Thesis (Other)
Subjects: P Language and Literature > PN Literature (General)
Depositing User: Perpustakaan Maranatha
Date Deposited: 02 Oct 2014 10:04
Last Modified: 02 Oct 2014 10:06
URI: http://repository.maranatha.edu/id/eprint/7076

Actions (login required)

View Item View Item