Kesiapsiagaan dan Ketanggapan Jepang dalam Menghadapi Bencana Alam yang Tercermin dalam Film Animasi Tokyo Magnitude 8.0

Fitrianie, Annisa (1042016) (2014) Kesiapsiagaan dan Ketanggapan Jepang dalam Menghadapi Bencana Alam yang Tercermin dalam Film Animasi Tokyo Magnitude 8.0. Other thesis, Universitas Kristen Maranatha.

[img]
Preview
Text
1042016_Abstract_TOC.pdf - Accepted Version

Download (736Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
1042016_Chapter1.pdf - Accepted Version

Download (303Kb) | Preview
[img] Text
1042016_Chapter2.pdf - Accepted Version
Restricted to Registered users only

Download (1256Kb)
[img] Text
1042016_Chapter3.pdf - Accepted Version
Restricted to Registered users only

Download (1096Kb)
[img]
Preview
Text
1042016_Conclusion.pdf - Accepted Version

Download (183Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
1042016_Cover.pdf - Accepted Version

Download (1051Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
1042016_References.pdf - Accepted Version

Download (281Kb) | Preview

Abstract

序論 日本は成層火山諸島に属し、富士山をはじめとした火山が多い国で ある。そうした環境であるため、日本では自然と、災害対応や災害に対す る警告といった点で地国より進んでいるといえる。 日本のこうした災害対応は 1923 年 9 月 1 日に起きた関東大震災や、 1995 年 1 月 17 日の阪神淡路大震災といった大規模自然災害から、多くを 学び現在の災害対応策が構築されっていた。95 年の阪神淡路大震災の際 には罹災者のパニックや規模な損失などこれからまで以上の対応が求めら れることが分かった。 この研究では、「東京マグニチュード 8.0」から、日本人の災害対 応について観察、また社会学者エミル・デュルケームの理論から見ていき たい。 本論 このアニメでは地震がマグニチュード 8.0 あり、1923 年に起きた 関東大震災はマグニチュード 7.9 あり、1995 年に起きた阪神・淡路大震災はマグニチュード 7.2 である。マグニチュード 7.0 の地震は立っている ことができない。強い建物でもかたむいたり、こわれたりする。大きい地 われ、地すべりが起こり、土地の形がかわる。 1923 年の関東大震災では日本人はまだ災害対応できず、損害が多 かった。そして、日本人は関東大震災から災害対応を学んだ。 1995 年の阪神・淡路大震災では日本人は災害対応が関東大震災に 比べればできたいた。例えば、死者は 1995 年に関東大震災より少なかっ た。関東大震災の死者は 105.385 人である。一方で阪神・淡路大震災では 6.434 人である。しかし、本アニメの中の地震は関東で発生し、マグニチ ュード 8.0 で、作中では 18 万人でが犠牲となった。 大地震が起きたら、ひがいが大きいので、すべての人を助けること は難しい。そのため、自分の命は自分でまもることが、大切である。例え ば、家や建物中にいるとき、地震が起きたらどうするか。家の中にいたら 頭をまもって、安全な場所に逃げなければならないし、家具や電気製品が たおれるため、何もない場所や、じょうぶなテーブルや、机の下などに逃 げなければならない。また、エレベーターの中にいたらすぐにエレベータ ーからおりる、または全部の階のボタンを押し、近くの階で止まるなどが 地震が起きた時の行動である。 外にいる時、地震が起きたらどうするか。道を歩いていたらもって いるもの(かばん、本)で、頭をまもる。窓ガラスや看板など、色々な物 が頭の上に落ちてくるからである。ブロック塀の近くを歩いていたら、すぐにブロック塀はたおれることがあるためすぐに離れる必要がある。歩道 橋や橋の上にいたら、橋の上にいないで走ってはなれ、うごくことができ ない時は、座って橋の手すりにつかまる。山にいたらがけからはなれ、海 や川の近くにいたら津波が来るので、すぐに海や川からはなれて高い所へ 行かなければならない。津波は川からも来ることがであるからである。 車や電車などに乗っているとき、地震が起きたらどうするか。車を 運転していてゆれをかんじたら、スピードをおとし、道路の左に車を停め エンジンを止め、崖の下やトンネルの出入口の近くに車を止めない(山が 崩れるから、危ない)。電車、バスに乗っていたら、電車、バスが急に止 まるから、何かにつかまっていなければいけない。係員(運転集など)の 話しをよく聞いて、落ち着いて避難しなければならない。 アニメの中で日本人は大きい地震が起きたら、手で頭をまもって、 部屋の中のテーブルや机の下などに逃げ、橋の上を歩いていうごくことが できない時は座っては橋の手すりにつかまる。 日本人は警告や災害対応するために、例えば地震のパンフレット配 り、また、日本では1年に1回ぐらい地震のシミュレーションがある。さ らに、エマージェンシーパックで三日間生活ができるようにしている。 アニメの中でも同様に警告や災害に対応するために、エマージェン シーパックを使い三日間生活をし、その後の避難所へ行くが、避難所は広 く、ポータブルトイレもあり生活ができる。そうした環境は日本陸上自衛 隊によって作られる。 結論 日本では災害対応がそれまでの自然災害、特に大規模地震に関して は今まで起きた大規模地震から対策、対応が作られている。エミル・デュ ルケーム理論では「社会は生活のために変化する」というものであり、日 本では自然災害が多い環境であるために社会が必然的に変わる必要がある。 東京マグニチュード 8.0 の作中において見られた日本の状態はまさしく日 本の自然災害対応対応に基づいたものであるという点が明確に見て取れる。

Item Type: Thesis (Other)
Subjects: P Language and Literature > PI Oriental languages and literatures
Divisions: Faculty of Letters > 42 Japanese Department
Depositing User: Perpustakaan Maranatha
Date Deposited: 27 Jan 2015 08:16
Last Modified: 27 Jan 2015 08:16
URI: http://repository.maranatha.edu/id/eprint/9705

Actions (login required)

View Item View Item