Analisis Hubungan antara Kyudo dan Shinto

Simanjuntak, Ike Stephani (1042005) (2014) Analisis Hubungan antara Kyudo dan Shinto. Other thesis, Universitas Kristen Maranatha.

[img]
Preview
Text
1042005_Abstract_TOC.pdf - Accepted Version

Download (507Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
1042005_Chapter 1.pdf - Accepted Version

Download (93Kb) | Preview
[img] Text
1042005_Chapter 2.pdf - Accepted Version
Restricted to Registered users only

Download (174Kb)
[img] Text
1042005_Chapter 3.pdf - Accepted Version
Restricted to Registered users only

Download (857Kb)
[img]
Preview
Text
1042005_Conclusion.pdf - Accepted Version

Download (172Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
1042005_Cover.pdf - Accepted Version

Download (979Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
1042005_References.pdf - Accepted Version

Download (105Kb) | Preview

Abstract

1. 序論 じょろん 日本では様々な文化があって、そのうちの一つはスポーツである。 国として、日本はスポーツにある興味が高いです。たとえば、日本全 国民は野球が大好きです。でも、ただ現代のスポーツだけではなく、 いろいろな伝統的武術もスポーツとして、する人が大勢いる。空手や, 柔道や, 剣道や, 弓道や, 相撲も、それぞれに特徴があり、日本の国民 にとってスポーツは守るべき文化である。 弓道は日本の伝統的なスポーツであり、今まで守られた文化の一つ である。弓道は弓を使う武術として、三つの「気力、清廉、集中力」 という基本がある。弓道にはいろいろの練習で、呼吸法や、聴覚や、 視覚や、動くなどを開けることが重要だといるらしい。 「神道」は中国の文字からできて、天地を創って強大の存在の「神」 と進むべき「道」、二つの意味で、「神道」は神の教え、人生にある 導きと言えます。日本の先人が守られた教えとして、先人の死んだ後 の魂、祖霊と神を礼拝することは神道の基本であり、神にある人々の 尊敬や、恐怖などが踊り、儀式、祭りに表現されていることも神道に ある。 本研究で弓道と神道の関係についてを研究して、記述的、また神話 的な、二つの研究方法で行う。この研究で、昔の日本の人々の信仰的 な行動や信教や儀式や、弓道の中にある神道の基本や印などを分析す る。 2. 本論 ほんろん 2.1 八幡 形容 けいよう :八幡は軍神として、神道に「弓矢八幡」と呼ばれている。 概念 がいねん :「弓矢八幡」は源氏の氏神として拝礼されている。 意義 いぎ :源氏の伝説の射手は八幡を「弓矢八幡」として拝礼していた。 2.2 弓 形容 けいよう :「弓」は射術にある装備の一つである。 概念 がいねん :「弓」はただ戦国時代の武士の武器ではなく、神道にある儀 式の祭儀として使うことがある。 意義 いぎ :「弓」は射術の装備として儀式に機能があって、武器として の機能もある。 2.3 矢 形容 けいよう :「矢」は祭儀として、「破魔矢」と呼ばれる。 概念 がいねん :正月に神社は人々に「破魔矢」が売る。 意義 いぎ :神社にお守りとして売らせる「矢」は「破魔矢」である。 2.4 儀式 形容 けいよう :「弓道」は神道の儀式の一つである。 概念 がいねん :儀式にある「弓道」が神主と武士とされる。 意義 いぎ :「弓道」は神道の儀式として武士にされる。 2.5 袴 形容 けいよう :袴は伝統的な服として、神主と武士の自己同一性の物です。 概念 がいねん :神主と武士が袴を着用する。 意義 いぎ :袴は伝統的な服として、神主と武士に着用する。 2.6 神棚 形容 けいよう :「神棚」は小さい神社である。 概念 がいねん :神棚が弓道場の中にある。 意義 いぎ :神棚が神道の神を拝礼するように弓道場の中にある。 2.7 上座 形容 けいよう :上座は敬意を表す位置、場所である。 概念 がいねん :上座に座る者は先生と尊敬された人しかない。 意義 いぎ :上座は聖なる所で、高い志がある人しか入れない。 3. 結論 けつろん この研究で、弓道と神道の関係がたしかにある。一つ、全世界の人々 は食料を貰うために、弓と矢を使って、狩の活動をした。二つ、正月に神 社で「藪魔矢」がお守りとして売られる。三つ、弓道の練習である儀式や 服など、また弓と矢と弓道の練習を行う場所、弓道所にある敬意に神道の 基本がある。たとえば、弓道所の中に神々の席、上座がある。 神道の意味は神の導きであり、弓道の意味は弓と矢の導きである。 「道」の意味は教えである。平安時代に、神社がたくさん立てられた。同 時に、源氏の者たちが弓道にある儀式を開けて、こうしてその時の神道の 基本が今までの弓道の中にある。また、その基本に同じ部分は儀式と礼式 と神と神棚である。あらてめて、この研究の結論についての適当な部分が たくさんあって、弓道と神道の関係がたしかにある。

Item Type: Thesis (Other)
Subjects: P Language and Literature > PI Oriental languages and literatures
Divisions: Faculty of Letters > 42 Japanese Department
Depositing User: Perpustakaan Maranatha
Date Deposited: 27 Jan 2015 07:55
Last Modified: 27 Jan 2015 07:55
URI: http://repository.maranatha.edu/id/eprint/9695

Actions (login required)

View Item View Item