Analisis Struktur Novel dan Perilaku Tokoh Suguro dalam Novel Sukyandaru Menggunakan Teori Struktural Naratif Propp

Noviana, Hilda (0742013) (2014) Analisis Struktur Novel dan Perilaku Tokoh Suguro dalam Novel Sukyandaru Menggunakan Teori Struktural Naratif Propp. Other thesis, Universitas Kristen Maranatha.

[img]
Preview
Text
0742013_Abstract_TOC.pdf - Accepted Version

Download (376Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0742013_Chapter1.pdf - Accepted Version

Download (90Kb) | Preview
[img] Text
0742013_Chapter2.pdf - Accepted Version
Restricted to Registered users only

Download (96Kb)
[img] Text
0742013_Chapter3.pdf - Accepted Version
Restricted to Registered users only

Download (816Kb)
[img]
Preview
Text
0742013_Conclusion.pdf - Accepted Version

Download (73Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0742013_Cover.pdf - Accepted Version

Download (779Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0742013_References.pdf - Accepted Version

Download (80Kb) | Preview

Abstract

I. 序論じょろん本研究ほんけんきゅうでの議論ぎろんの 対象たいしょうとなる作品さくひんは、遠藤周作えんどうしゅうさくの 小説しょうせつ「スキャンダル」である。この 小説しょうせつは、勝呂すぐろに発生はっせいする問題点もんだいてんを明示的めいじてきに 小説しょうせつに記述きじゅつされていないスキャンダルを説明せつめいすることで、 小説しょうせつの機能きのうだけでなく、勝呂すぐろの挙動きょどうを理解りかい するために検討けんとうされている。機能きのうを理解りかいし、 小説しょうせつ「スキャンダル」の勝呂すぐろの作動さどうを 証明しょうめいするために、プロップの構造理論 こうぞうりろんを使用しようする。 II. 本論ほんろん小説しょうせつスキャンダルのもん問題点もんだいてんを見み つけるために、また物語構造ものがたりこうぞうを明あきらかにするためにVladimir Iakovlevich Propp理論りろんを用もちいて分析ぶんせきした。この理論りろん は、 物語ものがたりは関数かんすうの 集合しゅうごうから形成けいせいされることを示唆しさしている。 小説しょうせつので関数論かんすうろんは31である。しかし、ストーリーを作つくるためには 必かならず31なくてもよい。 研究けんきゅうに基 もとづく新規しんきに含ふくまれる機能きのうは、スキャンダルには19ある。 Victory '勝利しょうり', Marking '反別たんべつ', Reconnaissance '偵察ていさつ', Lack '貧困ひんこん’ (必要性ひつようせい)', eparture ’ 出発しゅっぱつ', Pursuit, Chase '追撃 ついげき, 追走ついそう', Unrecognized Arrival '予期よきせぬ到来とうらい', The First Function of The Donor '第一だいいちのドナーの関数 かんすう(遣手つかて)', Unfounded Claims '無稽むけいの 主張しゅちょう ', Delivery '送おくる ( 各情報かくじょうほう)', The Hero's Reaction '主人公しゅじんこうの反応はんのう', Mediation, The Connective Incident '媒介ばいかい, 接続語儀せ つ ぞ く ご ぎ ', Beginning Counteraction '中和ちゅうわ(活かつ動どう)初口しょくち ', The Difficult Task '困難こんなんな仕事しごと(無髄むずい)', Struggle 闘争とうそう, Return '返付へんぷ(リターン)', Exposure '暴露ばくろ', Punishment '処罰しょばつ(適役てきやくに)', それから olution '解決策かいけつさく(仕事しごと)'.次つぎのように勝呂の不自然ふしぜん な挙動きょどうを 証明しょうめいする 物 語ものがたりの構造的こうぞうてきな理論 りろんによれば勝呂の問題もんだいは、次つぎのとおりです。III. 結論けつろん 本小説ほんしょうせつで勝呂すぐろ主人公しゅじんこうであるためもっとも登場回数 とうじょうかいすうが多おおく、また勝呂すぐろは「 環境かんきょうアクションヒーロー」タイプに分類ぶんるいされる。英雄えいゆうとして、すぐろは自身じしんである主人公 しゅじんこうとアンタゴニストを、彼かれのドッペルゲンガーとして見みている。 したがって、上記じょうきの 表ひょうから、それはすぐろは神聖しんせいな図ず、 代表だいひょう的てきな図ず、調和ちょうわのとれた家庭生活かていせいかつ を持もつ人ひとだけでなく、 小説しょうせつの中なかの文字もじによって彼かれ の生活せいかつの中なかで成功せいこうしてきた人物じんぶつとして見みられているプロファイルに適合てきごうしていないため、勝呂が、不自然ふしぜんに振ふる舞ま っているという 証明しょうめいである。不自然ふしぜんな行動こうどうは、彼かれ が常つねに満みたされていないため、下劣げれつかつ不道徳ふどうとくな行為こうい の場所ばしょに行いってきた悪わるい癖くせが反映はんえいされている。

Item Type: Thesis (Other)
Subjects: P Language and Literature > PI Oriental languages and literatures
Divisions: Faculty of Letters > 42 Japanese Department
Depositing User: Perpustakaan Maranatha
Date Deposited: 27 Jan 2015 07:00
Last Modified: 27 Jan 2015 07:00
URI: http://repository.maranatha.edu/id/eprint/9675

Actions (login required)

View Item View Item