Kyoiku Mama Dalam Komik Chibi Maruko Chan

Linda, ( 0442039 ) (2010) Kyoiku Mama Dalam Komik Chibi Maruko Chan. Other thesis, Universitas Kristen Maranatha.

[img]
Preview
Text
0442039_Abstract_TOC.pdf - Accepted Version

Download (329Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0442039_Chapter1.pdf - Accepted Version

Download (217Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0442039_Appendices.pdf - Accepted Version

Download (13Mb) | Preview
[img] Text
0442039_Chapter2.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (251Kb)
[img] Text
0442039_Chapter3.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (318Kb)
[img]
Preview
Text
0442039_Conclusion.pdf - Accepted Version

Download (146Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0442039_Cover.pdf - Accepted Version

Download (606Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0442039_References.pdf - Accepted Version

Download (106Kb) | Preview

Abstract

要約 序論 第2次世界大戦後の日本復興の鍵をにぎるのは教育であった。このことに 深く関係しているのは母親が教育の役目を果たす『EDUCATION MOTHER』あ るいは教育ママである。教育ママの母親は、もし子供が有名な大学へ入学できれば その子供の家族、そして自分の将来は幸福になると信じていたのであった。 教育ママという言葉は1960年代前半に誕生した言葉であり、現代の日 本の社会システムを研究するさいに必要な項目である。 有名な教育機関に入学後、学生たちは決して簡単ではない勉強をされざる えないのである。子供達が学校で安定な成績を保つために、母親は子供達が定期的 に勉強できる環境を提供することに全力を尽くす。それだけではなく、より良い成 績を取得できるよう塾、学校外で勉強を提供する教育機関、に通わせる。 ある物事にはプラス要素とマイナス要素を持っている。教育ママにもこれ らのことが当てはまる。日本で教育ママを実行している母親は自分のエゴに片寄り すぎて子供の精神に悪影響を及ぼすこともある。母親からの行き過ぎた監視は子供 の成長に支障をおかすというネガティブな意見がある。教育ママのマイナス面は、 教育ママによって社交性より勉強を優先し自己中心や甘えん坊な子供を育成してし まう傾向がある。友人を築くのにも教育ママの影響を受けた子供は他人を尊敬できず、うまく付き合えないのである。しかし将来教育ママにもプラス面がある。それ は高い自制心と共に養われた努力の姿勢こそ教育ママの成功の証である。これは子 供の両親、特に母親にとって成功した子供は自慢できることなのである。 筆者は上記で述べたこととは異なる教育ママの姿勢を当時の日本の社会生 活を題材とした漫画「ちびまるこちゃん」、で登場するまるこの母親 から検討する。 本論 ちびまるこちゃんはさくらももこが書いた漫画であり、とある小学校の3 年生の女生徒、さくらももこの物語である。漫画の中のさくらももこはちびで丸顔 で女の子なのでちびまるこちゃんというあだ名が付き、友達からはまるこ、あるい はまるちゃんという名で親しまれている。漫画で登場するまるこの母親は教育ママ が流行した時期にもかかわらず、教育ママよりまるこのよき理解者になることを選 んでいる。 まるこの趣味は切手採集や人形遊び、友人と遊ぶことであり、たまちゃん という親しい友人を持っている。さくら家はまるこ(次女)、母親、父親、長女、祖 父、祖母 で構成されている。まるこは成長期であり生活の中から教訓を学ぶ姿勢 があり、理解できないことがあればまっすぐに母親に質問する。 (1) まるこの母親がまるこにとって教導者であることはまるこが宿題をやり忘れたエピソードから見られる。まるこは母親から『宿題しなさい』と警告を受 けたのにもかかわらず、『あとでやるから』という言い訳で夏休みの間宿題 をせず、結局夏休みが終わっても宿題に手をつけなかった。まるこは家族全 員に『日記書くの手伝ってねっねっ』と要請するが、母親は『もうし らん』ときつく叱る。これはまるこに物事には期限までやらないとリスクが あるということを教養させることである、また母親は遊ぶ事は子供に役立つ と考えるためまる子が遊ぶことに対して自由を与えている。 (2) 母親の役目はまるこの環境に対する接し方にも影響を及ぼしている。例えば ふじきくんの臆病さを直したいまるこのエピソードである。その日まるこは クラスメートがふじき君のことを臆病者だと貶していた。まるこはふじき君 は臆病者ではないと主張した後、母親に相談している。母親はまるこに解決 策を与えなかったが、どうすればまるこが自分で解決できるかアドバイスを 与えた。 このまるこの母親の教育姿勢は教育ママとは異なっていることがわかる。教 育ママでは母親は子供に勉強以外の事を考えさせたくない。それとは逆にまるこの 母親は学校の勉強以外の問題にもいっしょに考え相談に乗ってくれる。 結論 上記で述べた事柄から筆者は教育ママとまるこの母親の教育姿勢を比較し、 いくつか結論を導き出した。 (1) 子供を教育する際には子供の能力と習慣に合わせた教育をするのがもっとも ふさわしいことである。勉学を無理に押し付けようとすると悪影響を及ぼす 場合がある。 (2) 母親は子供に自由を与えると同時に子供を心身ともに導く役目を持っている。 子供が自分の犯した過ちに気付き、同じ鉄を踏まないように努力する姿勢を 保つためである。 (3) 母親は子供が善悪を区別できるように教育することである。良心を育成し自 分で判断できるように導くことである。 Joron Dai ni ji sekai taisengo no nihong fukkou no kagi wo nigiru no wa kyouiku de atta. Kono koto ni fukaku kankei shite iru no wa haha oya ga kyouiku no yakume wo hatasu “ EDUCATION MOTHER “ arui wa kyouiku mama de aru. Kyouiku mama no haha oya wa moshi kodomo ga yuumei na daigaku he nyuugaku dekireba kodomo, kazoku soshite jibun no shorai wa koufuku ni naru to shinjite ita no de atta. Kyouiku mama to iu kotoba wa 1960 nendaizenhan ni tanjou shita kotoba de ari. Gendai no nihon no shakai sisutemu wo kenkyu suru sai ni hitsuyou na koumoku de aru. Yuumei na kyouiku kikan ni nyuugaku go gakusei tara wa kesshite kantan dewanai benkyou wo sarezarue nai no de aru. Kodomo tachi ga gakkou de antei na seiseki wo tamotsu tame ni, haha oya wa kodomo tachi ga teikiteki ni benkyou dekiru kamkyou wo teikyou suru koto ni zen ryoku wo tsukusu. Sore dake de wa naku yori yoi seiseki wo shutoku dekiru you juku gakkou gai de benkyou wo teikyou suru kyouiku kikan ni kayowaseru. Aru mono goto ni wa furasu youso to mainasu youso wo motte iru . kyouiku mama ni mo korera no koto ga ate wa maru. Nihon de kyouiku mama wo jikkou shite iru haha oya wa jibun no ego ni katayori sugite kodomo no seishin ni aku eikyou wo oyabosu koto mo aru.haha oya kara no iki sugita kanshin wa kodomo no seichou ni shishou wo okasu to iu negateifu na iken ga aru. Kyouiku mama no mainasu men wa kyouiku mama ni yotte shakousei yori benkyou wo yuusen shi jiko chuushin ya amaen bou na kodomo wo ikusei shite shimau keikou ga aru. Yuujin wo kizuku noni mo kyouiku mama no eikyou wo uketa kodomo wa tannin wo sonkei dekizu kyousou shin ga takai tame umaku tsukiaenai node aru. Shikashi, shourai kyouiku mama ni mo furasu men ga aru. Sore wa takai jisei shin to tomo ni yasinawareta doryoku no shisei koso kyouiku mama no seikou no Akashi de aru. Kore wa kodomo no ryoushin toku ni haha oya ni totte seikou shita kodomo wa jiman dekiru koto na node aru. Hissha wa jouki de nobeta koto to wa koto naru kyouiku mama no shisei wo douji no nihon no shakai seikatsu wo daizai toshita manga Chibi Maruko Chan de toujyou suru maruko no haha oya kara kentou suru. Honron Chibi Maruko Chan wa Sakura Momoko ga kaita manga de ari, to aru shogakkou no san nensei no joseito Sakura Momoko no monogatari de aru. Manga no naka no Sakura Momoko wa chibi de marukao de onna no ko na node Chibi Maruko Chan to iu ada na ga tsuki tomodachi kara wa Maruko arui wa Maru Chan to iu na de shitashimarete iru. Mangga de doujou suru Maruko no haha oya wa kyouiku mama ga yuukou shita jiki ni mo kakawarazu kyouiku mama yori maruko kono yoki rikaisha ni naru koto wo erande iru. Maruko no shumi wa kitte saishuu ya, ningyou asobi, yuujin to asobu koto de ari, tama chan to iu shitai shi yuujin wo motte iru. Sakura ke wa Maruko ( jijo ) haha, chichi, choujo, sofu, soba de kousei sarete iru. Maruko wa seichouki de ari seikatsu no naka kara kyoukun wo manabu shisei ga ari, rikai dekinai koto ga areba massugu ni haha oya ni shitsumon suru. (1) Maruko no haha oya ga Maruko ni totte kyoudousha de aru koto wa Maruko ga shukudai wo yari wasureta episode kara mirareru. Maruko wa haha oya kara [ shukudaishinasai ] to keikoku wo uketa noni mo kakawarazu [ atode yaru kara ] to iu iiwakede natsuyasumi no aida shukudai wo sezu, kekkyoku natuyasumi ga owatte mo shukudai nit e wo tsujenakatta. Maruko wa kazoku zenin ni [ niki kaku no tetsudatte nee nee ] to yousei suru ga, haha oya wa [ moushiron ] toki tsuku shikaru. Kore wa Maruko ni mono goto ni wa kigen made yaranai to risuku ga aru to iu koto wo kyouyo saseru koto de aru mata haha oya wa asobu koto wa kodomo ni yakudatsu to kangaeru tame Maruko ga asobu koto ni taishite jiyuu wo ataete iru. (2) Haha oya no yakume wa maruko no kankyou ni taisuru kesshikata ni mo eikyou wo oyaboshite iru. Tatoeba Fujiki kun no okubyousa wo naoshitai Maruko no episode de aru. Sono hi Maruko wa kurasu meeto ga Fujiki kun no koto wo okubyou mono da to kenashite ita. Maruko wa Fujiki kun wa okubyou mono dewanai to shucou shita ato haha oya ni Soudan shite iru. Haha oya wa maruko ni kaiketsu aku ataenakatta ga, dou sureba Maruko ga jibun de kaiketsu dekiru ka adobaisu wo ataeta. Kono Maruko no haha oya no kyouiku shisei wa kyouiku mama to wa kotonatte iru koto ga wakaru. Kyouiku mama wa haha oya wa kodomo ni benkyou ikai no koto wo kangaesasetakunai. Sore to wa gyaku ni Maruko no haha oya wa gakkou no benkyou ikai no mondai ni mo isshoni kangae Soudan ni note kureru. Ketsuron Jouki nobeta koto kara hissha wa kyouiku mama to Maruko no haha oya no kyouiku shisei wo hikakushi, mittsu no ketsurong michikidashita. (1) Kodomo wo kyouiku suru sai ni wa kodomo no nouryoku to shuukan ni awaseta kyouiku wo suru no ga motto mo fusawashii koto de aru. Bengaku wo muri ni oshitsukeyouto suru to aku eikyou wo oyabosu baai ga aru. (2) Haha oya wa kodomo ni jiyuu wo ataeru to douji ni kodomo wo shinshin to mo ni michibiku yakume wo motte iru. Kodomo ga jibun no akashita ayamachi ni kiduki onaji tetsu wo fumanai youni dotyoku suru shisei wo tamotsu tame de aru. (3) Haha oya wa kodomo ga zenaku wo kubetsu dekiru youni kyouiku suru koto de aru. Ryoushin wo ikusei shi, jibun de handan dekiru youni michibiku koto de aru.

Item Type: Thesis (Other)
Subjects: P Language and Literature > PN Literature (General)
Depositing User: Perpustakaan Maranatha
Date Deposited: 13 Oct 2014 10:27
Last Modified: 13 Oct 2014 10:27
URI: http://repository.maranatha.edu/id/eprint/7477

Actions (login required)

View Item View Item