Analisis Konflik, Perang dan Perdamaian Dalam Anime Gundam Seed (機動戦士ガンダムSEED)

Harjanto, Vannieta ( 0542009 ) (2010) Analisis Konflik, Perang dan Perdamaian Dalam Anime Gundam Seed (機動戦士ガンダムSEED). Other thesis, Universitas Kristen Maranatha.

[img]
Preview
Text
0542009_Abstract_TOC.pdf - Accepted Version

Download (150Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0542009_Appendices.pdf - Accepted Version

Download (15Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0542009_Chapter1.pdf - Accepted Version

Download (70Kb) | Preview
[img] Text
0542009_Chapter2.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (131Kb)
[img] Text
0542009_Chapter3.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (271Kb)
[img]
Preview
Text
0542009_Conclusion.pdf - Accepted Version

Download (10Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0542009_Cover.pdf - Accepted Version

Download (120Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0542009_References.pdf - Accepted Version

Download (13Kb) | Preview

Abstract

序論 第二次世界大戦では、米軍は広島と長崎に原子爆弾を投下 したで ある。それで日本人はアニメをとおして私たちにずっと平和の大切さを思 い出させる。この研究は「ガンダム SEED」というアニメをデータにする である。そのアニメのキャラクターを分析して紛争、戦争と平和の概べる。 この研究の目的は「ガンダム SEED」の戦争と平和の定義と概念、 そして紛争理論を理解するのである。この問題を解決するには記述分析法 のメトードを選ぶ。 つぎに紛争、戦争と平和の概念を述べる。戦争というのは地域で二 つ以上グループの紛争、軍事力を使用するである。平和という概念は戦争 がない存在調和の状態、戦争を終わらせる。紛争は値打ちやステータスや パワーや少ないリソースの要求について、方法は敵を傷つけまたは破壊す る。 本論 1. 紛争 「ガンダム SEED」の紛争はナチュラル(地球に住んでいる人間) とコーディネーター(遺伝子を操作された人間で、大部分は外側のスペー スコロニーに住んでいる人間)の間です。両側は軍事力がある。両側は軍 事力を使用して戦って、ナチュラルの軍事力は Earth Alliance といわれ、 コーディネーターの軍事力は ZAFT といわれる。このアニメでは、平和が 貴重なものと考えられているが、両側は調和の生活ができないことである。 特にナチュラルとコーディネーターのリーダー、パトリックザラとムルタ アズラエルである。次にパトリックザラの話である。 パットリック:そうさせないためにも早期終結はめざさねばならぬ のです。戦争は勝って終わらねば意味がない。われら、 コーヂネーターはもう早べつのあたらしいしです。ナ チュラルとともにある必要はない。 そして、下記の話はムルタアズラエルである。 ムルタ :いくらあんなものをふりかさそうが、プラントを落 とせば戦いは終わる。大体コーヂネーターすべてが地 球にたいするきぼい何だぞ。僕らはそれをうちに来て るんだ。自軍の損失は最小限、そして敵には最大の損 害、戦争ってはそうやるの問題を。 ナチュラルを滅ぼしたいことは ZAFT のパトリックザラの望むこと である。「ガンダムSEED」では彼は紛争を広めるキャラクターである。 2. 戦争 核爆弾でナチュラルはコーディネーターのウニウス7 コロニーを滅 ぼした。この出来事は総力戦の原因である。この事件のせいで、コーディ ネーターはナチュラルに恨むことになる。ほかのコーディネーターとナチ ュラルの間の戦争の原因は、一つはコーディネーターによってガンダムを 盗難されること、もう一つは政治的利益のことである。ガンダムのテクノ ロジは戦争を勝つためのものであるからコーディネーターもガンダムをほ しがる。それにガンダムの中に核がある、核は戦争を終わらせるためのか ぎといわれる。 3. 平和 もとはキラと友人たちは平和に生きることができた。ある日、キラ はラクスクラインに会う。ラクスクラインはコーディネーターであるが自 分はナチュラルと違う気持ちがない。 ラクス :地球の人々とわたくしたちはどうほうです。コーヂ ネーターはぎしで進化したち違いものではないのです。 戦いをやめ、道を探しましょう、あいする人々失って もなう、戦いつずけるその未来に間違いなくまつもの なのでしょか。 ラクスクラインのように、ORB のリーダー、ウズミナラアッタも コーディネーターとかナチュラルを区別したことはない。ウズミは誰でも 彼の国に滞在するのゆるすリーダーである。 ウズミ :ごぞんじのことと思うが、わが国はコーヂネーター を許否しない。オーブのぎねんと方法守るものならば、 だれでも入国居住を許可するかずつくない国だ。秘伝 操作のぜひの問題ではない。ただコーヂネーターだか らナチュラルだからとお互いように、そんな皮相こそ がいっそうのあせるのもと考えるからだ。 最後の話に、1 年半でずっと戦って、両側は戦争を終わらせるため 平和条約をサインすることに同意する。 結論 「ガンダム SEED」では紛争という概念は両側の間の対決というい みである。その目的を達成するため敵を征服させる。戦争という概念は軍 事力を使って両側の間の戦い。戦争の目的は大切なものを守ること地域を 防衛すること、あるいは敵を破壊するためである。 平和という概念は戦争がない平穏な状態で、違う人の間にお互いに理解し あうことができる。

Item Type: Thesis (Other)
Subjects: P Language and Literature > PN Literature (General)
Depositing User: Perpustakaan Maranatha
Date Deposited: 08 Oct 2014 09:50
Last Modified: 08 Oct 2014 09:50
URI: http://repository.maranatha.edu/id/eprint/7310

Actions (login required)

View Item View Item