Peranan Guru Dalam Drama 'Great Teacher Onizuka' dan 'Gachi Baka'

Suryadi, Maria Silvy ( 0542002 ) (2010) Peranan Guru Dalam Drama 'Great Teacher Onizuka' dan 'Gachi Baka'. Other thesis, Universitas Kristen Maranatha.

[img]
Preview
Text
0542002_Abstract_TOC.pdf - Accepted Version

Download (211Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0542002_Appendices.pdf - Accepted Version

Download (26Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0542002_Chapter1.pdf - Accepted Version

Download (100Kb) | Preview
[img] Text
0542002_Chapter2.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (111Kb)
[img] Text
0542002_Chapter3.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (218Kb)
[img]
Preview
Text
0542002_Conclusion.pdf - Accepted Version

Download (23Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0542002_Cover.pdf - Accepted Version

Download (131Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0542002_References.pdf - Accepted Version

Download (58Kb) | Preview

Abstract

概要 序論 教育は態度・技能の形成プロセスとよく理解される。態度は、すぐに 伝授することは出もず、早期から少しずつ培うものである。教育を当して培 われるものとして望むされるのは、正直・公平・責任ある。批判性・規律を 守る・革新的・創造的な態度である。一方、技能では、読む・書く・計算・ 正しく話すことである。教育がスムーズに運ぶため、教育の場所ほかされに 携わるものが必要になってくる。場所としては学校で、それに携わるものと しては教師である。 しかし、最近では教師の役割は少しズレでいるようである。教師はす ぐに望むされる態度を培わなくなるのである。 教師にいかなる“ズレ”が起こっているのか、「Great Teacher Onizuka」及び「Gachi Baka」に反映されていること題材に分析してみる。 本論 ドラマ「Great Teacher Onizuka」・「Gachi Baka」は同じく教師の 役割及び先生・学生が直面している問題に対してどのように対処すべきかと いうことを物語っている。現代では教師は、私利だけ重んじる傾向がある か?「Great Teacher Onizuka」・「Gachi Baka」は教師が生徒との関係に おいていかなる態度をとるべきか教えてくれるのである。生徒は当に個人的 に講師に着違ってもらおうとしていることは認ざるを得てよいのである 教師は単に生徒に勉学を励ますのでなく、生徒が勉学の環境を楽しめ るように工夫しなければならないのである。残念なことに、校舎は教師にふ に視されているようである。学習プロセスが単なる技能の伝授になっている だけで、生徒が教師に着違ってもらっているという精神は感じられないので ある。そのため、教師は生徒の気も知らずに、生徒を技能の伝授の対象とし て投っているのである。 菊池義人は天才児クラスの長である。そのため彼は他の生徒と交際せ ず、彼らを能無しの人間ばかりだと軽蔑して威張るのである。彼は何分の頭 の良さて、何分の問題は自分で開放できると思っているのである。 そのような態度を持って自分の生徒を見て、教師であるおにずかは、 彼五億の友達を持て、学校生活を楽しめるようにと、努力した。また、彼は 菊池の他人に対する見方を変えることを論すのである。社会構成員お一人で ある以上、他の人間と交際する必要があるのである。 深田裕之は、鉄橋デザイナーになろうとする生徒である。その夢を叶 えるため、何分が選んだ大学に入ることができるように頑張って勉強するの である。しかし、母親が入院してから、学費の困難が生じにのである。裕之 の学費を母親の治療に回したからである。裕之は母親に対して嘆くこともな い。なぜならば、母親が病気になったのは、裕之を大学に入れるため、働き すぎたからだと裕之は分かっているのである。裕之の状況を知った権藤は、 それにめぐり、何分の夢を手に入れるよう頑張れと裕之を励ましたのである。 意志を強くすれば必ず道は開かれるというのである。 結論 「Great Teacher Onizuka」及び「Gachi Baka」を分析してみに結 果、次の結論を引き出すことができる。  教育の場所で働き・教師の義務を果たすのは簡単ではない。  両ドラマは、教師になった場合、精神的にも肉体的にもそれに注がな ければならない。生徒の信頼を裏切ってはならないと教えてくれる。  その信頼関係により、教師と生徒との関係は単に教師と生徒の関係で はなく、それ以上になるのである。 教師は生徒を友達として見なすことができる。教師は何の技能・才能を持っ たない生徒を軽蔑してはならない。なぜならば、彼らも必ず何か特別なもの を持っているからである。

Item Type: Thesis (Other)
Subjects: P Language and Literature > PN Literature (General)
Depositing User: Perpustakaan Maranatha
Date Deposited: 08 Oct 2014 09:26
Last Modified: 08 Oct 2014 09:26
URI: http://repository.maranatha.edu/id/eprint/7303

Actions (login required)

View Item View Item