Penurunan Angka Pernikahan Yang Berdampak Pada 'Shoushika' 『少子化』Tercermin Dalam Serial Drama 'Konkatsu!'『婚カツ!』

Hapsari, Arian Widi ( 0642020 ) (2010) Penurunan Angka Pernikahan Yang Berdampak Pada 'Shoushika' 『少子化』Tercermin Dalam Serial Drama 'Konkatsu!'『婚カツ!』. Other thesis, Universitas Kristen Maranatha.

[img]
Preview
Text
0642020_Abstract_TOC.pdf - Accepted Version

Download (230Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0642020_Appendices.pdf - Accepted Version

Download (374Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0642020_Chapter1.pdf - Accepted Version

Download (205Kb) | Preview
[img] Text
0642020_Chapter2.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (237Kb)
[img] Text
0642020_Chapter3.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (536Kb)
[img]
Preview
Text
0642020_Conclusion.pdf - Accepted Version

Download (77Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0642020_Cover.pdf - Accepted Version

Download (77Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0642020_References.pdf - Accepted Version

Download (77Kb) | Preview

Abstract

内容提要 序論 婚活は相手を見つけることである。日本にとっては新しい現象である。 この現象の発生は、結婚する人数が減少して子供の出産率も減少する事情に ある。その現象は少子化と言う。減っていく結婚率は現代の人が結婚を延期 することが原因となっている。 現在、女性は収入の高い男性を夫に求めていますが、このような男性 は少ない。それからテクノロジーの進歩で現代の人々は、現実世界よりも仮 想世界のほうが好きな傾向にある。結果として現実世界ではなく仮想世界へ の現実逃避が起きている。そのほかはまだ両親と住んでいる男女は結婚する 必要がないと感じている。両親と住んでいれば、両親が面倒見てくれて自由 な生活を楽しくできるからである。 結婚に対する態度が変わってきた。今は結婚というのはただ一つの選 択である。やるかやらないかは自由である。未結婚の男女は結婚して子供を 持っていると好きなことをできなくなると思う。 本論 この論文では、筆者は「婚活!」と言うドラマに登場する主人公を分 析した。このドラマのテーマは結婚相手を見つける主人公の生き方を描いた ものである。このドラマに出てくる登場人物はどのように結婚を見ているの か。このドラマに出てくる人物はほとんど未結婚である。 このドラマの主人公は、邦之だ。邦之は30歳で未婚の男性で、まだ 父親と一緒に住んでいる。もともと彼は普通の会社員で、ある日、会社をや めてしまった。そして次の日、世界経済危機が日本に影響を与える。この世 界経済危機が起きたことで、邦之はなかなか新しい仕事が見つからない。 筆者の分析した結果は次のとおりである。邦之は結婚する必要がない と感じている。邦之は女性を見つけるためにお金をたくさん使わなければな らないと思っている。結婚にはたくさんのお金が必要になってくる。結婚式 のためだけでなく、新婚旅行のお金や引っ越しのためのお金も必要になる。 それから、彼は臨時職員だから、正規社員より給料も少ない。このような状 態の男性は、滅多に女性に選ばれることはない。 また、登場人物のひとり、春乃は22歳の若い女性である。彼女は仕 事を見つけるために熱心に努力している。春乃はまだ若いので、結婚のこと をまだ考えていない。しかし、春乃は就職先をみつけることを第一に考えて はいるが、彼女も結婚をしようと思っている。女性も仕事と教育の平等の面 で、現在多くの女性が仕事することを選んでいる。仕事中心で結婚を考えな くなっている。 婚活に励んでいるのは優子である。優子は 30 歳を超えている。優子 はよく婚活をするが、まだ彼氏を見つけられずにいた。彼女は高いレベル相 手を欲しがっている。一つの基準は給料が高いことである。基準を満たして いない男性に会った場合、すぐにその男性を諦めた。この女性は将来の収入 の安定のために結婚したいと思っている。しかし、基準が高すぎるため、相 手が見つかりにくい。 そして、邦康の三人の友達は、貯金がないのでまだ結婚のことを考え ていない。それから、彼らはまだ両親と住んでいるので、自分のための時間 を過ごしている。それから邦康の友達は結婚する必要がないと感じている。 彼らは本当に自由な生活を楽しんでいるように見える。 桜田周五郎は中年男性である。周五郎は仕事に熱心だったので、仕事 以外のことは考えていなかった。気が使えず、年も若くないので、相手がい ない一人の時間を長く過ごしてしまった。 結論 この主人公たちを分析した結果、次のような結論が出る。年齢が上がるにつ れ、結婚できないことが心配になってきている。特に年配の女性は、相手を 見つける際に子供を持っているか、ということも問題にする。もっと年配に なると子供を生むことを気にする。それから収入のことが問題になる。女性 は高い収入を得ている男性を理想とする。でも、そういった男性はなかなか いない。結婚するためには、お金がたくさん必要になってくる。そして、ま だ自由な生活を享楽したいから、現代の人々は結婚しないのだと思う。だか ら国家と子孫の繁栄を継続し続けるため、社会で結婚が必要であるという考 え方を持っていかなければならない。

Item Type: Thesis (Other)
Subjects: P Language and Literature > PN Literature (General)
Depositing User: Perpustakaan Maranatha
Date Deposited: 07 Oct 2014 10:04
Last Modified: 07 Oct 2014 10:04
URI: http://repository.maranatha.edu/id/eprint/7241

Actions (login required)

View Item View Item