Analisis Kesinoniman Verba 理解する, 分かる dan 知る Dalam Kalimat Bahasa Jepang (kajian Semantik)

Lumanda, Preyi Vencania ( 0642001 ) (2010) Analisis Kesinoniman Verba 理解する, 分かる dan 知る Dalam Kalimat Bahasa Jepang (kajian Semantik). Other thesis, Universitas Kristen Maranatha.

[img]
Preview
Text
0642001_Abstract_TOC.pdf - Accepted Version

Download (185Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0642001_Appendices.pdf - Accepted Version

Download (206Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0642001_Chapter1.pdf - Accepted Version

Download (208Kb) | Preview
[img] Text
0642001_Chapter2.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (186Kb)
[img] Text
0642001_Chapter3.pdf - Accepted Version
Restricted to Repository staff only

Download (323Kb)
[img]
Preview
Text
0642001_Conclusion.pdf - Accepted Version

Download (34Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0642001_Cover.pdf - Accepted Version

Download (87Kb) | Preview
[img]
Preview
Text
0642001_References.pdf - Accepted Version

Download (54Kb) | Preview

Abstract

日本語構文に動詞「理解する」「分かる」と「知る」 の類義語の用法分析 序論 意味論が、一つの言語の形態論、統語論と意味論は三つの部分のです が、文の中にあるの文法的意味と語彙的意味に含まれるの意味を学ぶ。語彙 的意味は辞書と同じで、文法的意味は文章による変化する意味である。著 者は動詞「知る」、「分かる」と「理解する」の文法的意味について説明 することがある。それらの動詞は意味がほとんど同じで、だが会話の中で 使用されることの違いが多いのであるが、はたしてこの三つの動詞を正し く使用できるだろうか。うまく使わなければミスコムにケーションになる 可能性が高い。それでそれらの動詞は交換できるものなのか。それらは交 換できるが、「知る」、「分かる」、と「理解する」の意味ニュアンスは 異なる。 本論 文は統語論機能を分析して調査される。著者は、文章中の単語を分析 し、構文の関数に属している。意味論ロールは、それらが文の中で果たす役割 、与 格者、受益者、経験者と利益者動作主格ことができる。文の内容の統語的主語の機 能が役割、受益者格、経験者、または利益者することができる。著者は、統語論の機能と動詞「知る」、「分かる」、「理解する」を含む文章の意味論ロー ルを分析する。 次の「知る」、「分かる」と「理解する」の動詞の意味的に見ると 意味は異なる。「知る」は理解することは多くの情報は、話し手は自身の経 験から取得していないため、少ないです。「分かる」がある知る以上の理解 することです。また、まだ明らかに最後明らかになると言う意味である。「 理解する」は、話し手は友人から得ることができる、自分自身の 経験などがある。それらの三つの動詞の中で、「理解する」の知識が具体的で あるため、この動詞の意味感情、性格などを理解をしている。話し手は相手と 親密な関係があるため、話し手はそれらの動詞をあなたは本当に誰かを理解 する必要がある場合に使用する。 「知る」の理解のレベルは「分かる」と「理解する」により少しい がある。パーセントに見る場合は「知る」がそのような情報の理解の50%を 含む。「分かる」が75%と90%の理解するが情報の理解が含まれる。「理解す る」は情報の理解レベル100%を使用しないことができる。情報は社会 的にだからいつでも変化する、だから情報を100%を含むのは誰もいな い。「知る」は話し手が情報を持つ人から情報を得る、でも情報の真実は 不明である場合に使用する。話し手は情報の真実を調査する後でその他に 情報を通知する時に「分かる」を使用する。「理解する」は話し手が情報 を持つ人と親密な関係がある時に使用してだから話し手は情報を持つ人の 立場と感情を理解することができる。 結論 「知る」、「分かる」と「理解する」の動詞は様々な状況で使用されるだけ でなく、同じ状況で使用することができる。「知る」、「分かる」と「理解 する」は交換できるかもしれないが意味のニュアンスの違いがある。文章 の中で「知る」、「分かる」と「理解する」はお互いすなわち感覚が抽象的生 気のない状態の中で理解置き換えることはできなくつかの状態がある。意味論 ロールは動詞「知る」、「分かる」と「理解する」を含む動作主格、与格、 受益者格、経験者、利益者ことができます。「知る」、「分かる」と「理解す る」を含む文の意味論ロールは主語、対象語の統語機能を占めることができ る。

Item Type: Thesis (Other)
Subjects: P Language and Literature > PN Literature (General)
Depositing User: Perpustakaan Maranatha
Date Deposited: 06 Oct 2014 09:17
Last Modified: 06 Oct 2014 09:17
URI: http://repository.maranatha.edu/id/eprint/7165

Actions (login required)

View Item View Item